新作でトップアイドルを演じる二階堂ふみがコメント

2014.4.3 10:30配信
二階堂ふみ(C)榎屋克優/集英社

週刊ヤングジャンプで連載中の人気コミックを、野村周平主演で映画化する青春ロックエンターテイメント『日々ロック』に、二階堂ふみがトップアイドル役で出演することが決定した。

映画は、普段はサエない日々を送っているバンドマン・日々沼拓郎が主人公。ロックを愛し、ロックを演奏しているときだけは本当の自分を解放し、パワフルになれる拓郎は、ある日、ライブハウスで偶然出会ったひとりの女性によって運命が大きく変わっていくことになる。二階堂が演じるのは、主人公の人生を大きく変える人物・宇田川咲役。彼女は、アイドルでながら相当な酒好きという破天荒なキャラクターで、劇中では、RCサクセションの『雨あがりの夜空に』を熱唱するシーンや、1000人規模の観客を動員したライブシーンが登場するという。

二階堂は「コードのDが相変わらずベンベンいってしまいます。が、ロックな入江組に参加出来ることを幸せに感じています」と話し、二階堂の初主演作を手がけて以来のタッグとなる入江悠監督は、「数年前、はじめて二階堂ふみさんと会ったとき、セックス・ピストルズとかヴィターリー・カネフスキー監督とか、この子ほんとに16歳か!と思うようなことを話したのを覚えています。また一緒に映画を作れるのが心底嬉しいッス」とコメント。

原作者・榎屋克優は「日本でも数少ないパンクな女優さん、破天荒でキュートなオーラが咲ちゃんぴったり。すごい楽しみです」とコメントを寄せている。

本作は4月から5月にかけて撮影が行われ、秋に全国公開される。

『日々ロック』
2014年秋全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング