池松壮亮、映画『大人ドロップ』ロケ地の伊豆に感謝

2014.4.5 19:9配信
(左から)小林涼子、池松壮亮、橋本愛、前野朋哉

樋口直哉の同名青春小説を映画化した『大人ドロップ』の初日舞台あいさつが4月4日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主演の池松壮亮をはじめ、橋本愛、小林涼子、前野朋哉、飯塚健監督が登壇した。高校最後の夏に旅に出た青年の思春期特有の心象風景を描き、伊豆でのロケを敢行。池松は「伊豆からたくさん力をもらった」と感謝の意を表した。

初日舞台挨拶その他の写真

高校3年生の浅井由(池松)は仲直りできないまま、突然退学したクラスメイトの杏(橋本)を忘れられず、意を決し手紙を出すことに。数日後、杏から届いた手紙には、思いもよらない事実が記されていた。

ヒロインを演じる橋本は「風が強くて、叫ばなきゃ聞こえないと思った」と劇中、思いを絶叫するシーンを振り返り、飯塚監督も「あれはラッキーでした」と突発的な演出だったと明かした。また、小林は「改めて映画っていいなと思った。必要なら坊主にもなります!」と映画女優としての決意を新たにしていた。

コミカルな持ち味で注目を集める前野は、「今日、吉祥寺で買ってきたんです。予算オーバーで、半ズボンになってしまいましたが…」と“渾身”の舞台衣装に誇らしげ。ところが、池松から「前野君が結婚したので、お祝いしたい」とバラされてしまい、「実は先日、結婚しまして」と認める場面も。突然のハプニングに、タジタジの前野だった。

『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『風俗行ったら人生変わったwww』など話題作を連発する飯塚監督は、「今年もバリバリ撮れそうな感じ」とさらなる飛躍を誓い、「今年は妻と行ったことがない国に行ってみたい」と妻でタレントの井上和香とのプライベートも明かしていた。

『大人ドロップ』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング