楽天オークション、4月7日に「家計応援キャンペーン」実施、個人間取引なら不課税

2014.4.7 10:21配信
楽天オークションのロゴ

4月に消費税が8%に引き上げられたことなどを機に、不課税(消費税0%)で取引ができる個人間の電子商取引「C to C」が注目を集めている。その代表例のネットオークションは、家計の足しや、お小遣い稼ぎなどを目的に始める人が増えることが見込まれる。例えば楽天オークションは、無料で始めて、簡単な操作で出品・落札ができる。4月7日からは「家計応援キャンペーン」として、「東京ディズニーランド・シーのペアチケット」や「ルイ・ヴィトンの長財布」などが目玉企画として1円で出品される。

●消費税増税でオークションやフリマが伸びる!?

消費税の納税は一定の要件を満たす事業者だけの義務で、事業者ではない個人の出品者から買えば消費税はかからない。楽天オークションは、月額登録料、月額利用料、出品料が無料で、楽天オークションを経由して代金のやり取りがする「楽天あんしん決済」によって、代金を支払ったが商品が届かないなどの個人間のトラブルを防ぐことができる。

消費税0%の対象となる商品は、緑色のアイコンの「個人」で識別できる。消費税8%の商品は、赤色のアイコンの「楽オクショップ」、青色の「スーパーオークション」なので、検索画面で「個人」をクリックして絞り込めば、消費税0%の商品を探すことができる。スマートフォンやタブレット端末向けの公式アプリもあるので、外出先などでも検索や出品ができる。

目玉オークション「家計応援1円スタートオークション」の開催時間は、10時~「寝ながらメディキュット」、12時~「ディズニーランド・シーチケット」、14時~「ルイヴィトン長財布」、16時~「ニンテンドー3DS LL」で、それぞれ24時間開催する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング