ペガシス、メニューつき動画作成ソフト「TMPGEnc PGMX CREATOR」、さまざまなデータを一つの動画ファイルに

2014.4.7 17:21配信
TMPGEnc PGMX CREATOR

ペガシスは、映像ファイル、スライドショー、字幕、音声、メニューを一つの動画ファイルとして出力できるソフト「TMPGEnc PGMX CREATOR」のダウンロード販売を、4月17日に開始する。価格は3780円。

複数の映像コンテンツを、メニューやチャプターとともに一つのファイルに格納できるペガシスオリジナルの映像ファイルフォーマットPGMXの作成に対応したソフト。PGMXファイルは、DVDやBD(ブルーレイディスク)などの光学メディアに依存せず、1ファイルでDVDのようなメニュー動作や再生ができる。

H.264ストリームFLVファイル、MOVファイル、WebMファイルなど、最新フォーマットの入力にネイティブで対応。わずかな時間でメニューをつくることができるメニュー作成ウィザードやスライドショー機能、トランジション(映像間効果)機能、メニュー部品作成機能、マルチストリームファイルを識別するMPEG-2 TSファイル解析機能など、多彩な機能を搭載する。

映像フォーマットは高画質高圧縮のH.264/AVC を採用し、4K解像度(4096x2304)まで出力することができる。できる限り無劣化で出力するスマートレンダリングや、最大8ストリームの字幕追加・編集・テキスト字幕出力、最大4ストリームの音声追加・編集、Intel Media SDK/CUDAを使用したH.264エンコードに対応する。

対応OSは、Windows 8.1/8/7。

このほか、PGMXの再生に対応し、レジューム機能やライブラリ機能など、PGMXファイルを簡単に楽しめる専用プレーヤー「TMPGEnc PGMX PLAYER」を、フリーソフトとして提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング