キャプテン・アメリカを襲う“脅威”とは?

2014.4.9 17:36配信
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(C)2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカで記録的なヒットを飛ばしている映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が間もなく公開になる。最新作で主人公スティーヴ・ロジャースはこれまでにないほど過酷な状況に追いつめられるという。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』動画

スティーヴは、第二次大戦中に軍の極秘計画によって“キャプテン・アメリカ”として生まれ変わり、悪の組織ヒドラと戦ったが、長い眠りにつき現代で目をさました。そこには彼がまったく知らない世界が広がっていた。軍ではニック・フューリーが率いる国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)が誕生。フューリーは犯罪を“発生前”に防ぐ手立てを考案しており、シールドの幹部アレクサンダー・ピアースと“インサイト計画”という巨大なプロジェクトを進めている。フューリーを演じるのは引き続きサミュエル・L・ジャクソンで、ピアースを演じた名優ロバート・レッドフォードと共演を果たした。ちなみにジャクソンは「フューリーはピアースを良く知っていて信頼している。彼らにはある種の同志愛がある」と語るも、レッドフォードは「作品の出だしでは想像できなかった、ある種の謎がこの男から発生していると思う」と自身が演じた役について明言を避けている。

スティーヴを悩ませる謎の人物はピアースだけではない。突然、自身が所属していたシールドからも命を狙われた彼の前に、最強の暗殺者“ウィンター・ソルジャー”が現れる。ウィンター・ソルジャーは顔の半分がマスクで覆われた謎の男で、アンソニー・ルッソ監督が「キャップとの関係性を明確にするため、ウィンター・ソルジャーの残忍性を描くことが不可欠だった」と語る通り、その戦闘スタイルは残忍かつ容赦がなく、キャプテンの攻撃をやすやすと受け止めるほどの強さをもつ。

謎のシールド幹部と最強の暗殺者が登場し、スティーヴは、自身が置かれた状況が把握できないまま全世界から命を狙われる。彼は苦境を脱し、世界を救おうとするが、すでに友人たちの多くが彼が眠っている間にこの世を去り、所属していた軍は別の組織になり、街の風景は一新されたことに気づいて自身に問いかける。なぜ自分は命を狙われているのか? 命をかけてまで国を守り、正義を貫く必要はあるのか? 多くのヒーローの信頼を集め、アベンジャーズのリーダーも務めるキャプテン・アメリカは新作で迷い、苦しみ、追いつめられながら、戦うことになる。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
4月19日(土) 2D/3D公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング