I・Oデータ、IEEE802.11ac対応の無線LAN中継機「WN-AC1300EX」、1300Mbpsの高速通信

2014.4.10 18:50配信
WN-AC1300EX

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、IEEE802.11ac正式版に対応し、高速通信ができる無線LAN中継機「WN-AC1300EX」を、4月下旬に発売する。税別価格は1万4300円。

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANに対応し、無線LANの電波をさらに遠くまで届ける中継機。無線LANの通信エリアを拡大し、今まで電波が弱いために無線LANが使えなかった部屋でも使えるようにする。

最新の無線LAN規格である11acに対応し、従来の11n(5GHz)と比較して約2.8倍の1300Mbps(理論値)の高速通信を実現。すべての無線LAN規格に対応しているので、接続する親機の規格を気にする必要がない。

無線LANの設定は、簡単設定の「WPS」に対応。対応する親機とWPSボタンを押すだけで簡単に接続「WPS」することができ、他社の親機と組み合わせることもできる。WPS非対応の親機との接続は、設定画面から行う。親機のSSIDと暗号キーをそのまま中継するので、スマートフォンやゲーム機、ノートPCなど、子機側の再設定を行う必要はない。また、スマートフォンやタブレット端末だけでも設定できる。

2.4GHz帯と5GHz帯の両方の周波数帯に対応する「デュアルモード」を搭載。スマートフォンとPCは5GHz帯、ゲーム機は2.4GHz帯など、周波数帯が異なる子機が混在する場合でも使用できる。また、親機が2.4GHz帯にしか対応していない場合でも、「WN-AC1300EX」と子機とは5GHzで通信できる。

サイズは幅127×高さ195×奥行き93mmで、重さは約300g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング