ドコモ、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

2014.4.10 19:56配信
「カケホーダイ&パケあえる」のロゴ

NTTドコモは、4月10日、新たな料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」、長期利用者向け割引サービス「ずっとドコモ割」、25歳以下の若者世代向け割引サービス「U25応援割」を6月1日に開始すると発表した。

●音声定額・データ定額の新料金プラン データ通信は複数回線で分け合える

「カケホーダイ&パケあえる」は、自社・他社を問わず、固定電話宛てを含めた国内音声通話が「かけ放題」になる「カケホーダイプラン」の利用者を対象に、パケット通信(パケットパック)のデータ通信量を複数回線で分け合うことができる新たな料金プラン。対象は、LTEサービスの「Xi」と「FOMA」。新料金プランのコンセプトは、「ライフステージにあわせて長くおトクに使える料金」という。

基本プランの料金に国内の音声通話料を含んで、通話時間や回数に関係なく、月額2700円または2200円の定額で通話することができる。さらに、利用する端末の種類や利用用途をもとに目安を設定した合計データ通信量を、個人や家族、同一法人間など、最大10回線までの複数の回線契約で分け合うことができる。

基本プランは、音声ありの「カケホーダイプラン」2種類、音声なしの「データプラン」2種類、フォトパネルや、今後普及が見込まれるウェアラブル端末などのM2M専用の「デバイスプラス」2種類の計6種類。パケットパックは、個人向けは、一人向け2種類、家族向け4種類、シェア不可のらくらくスマートフォン向けの計7種類、法人向けは計21種類。利用用途や状況などに合わせて、基本プランとパケットパックを組み合わせて選ぶことができる。

税別の月額料金は、2年契約の場合、基本プランの「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」が2700円、「カケホーダイプラン(ドコモ ケータイ)」が2200円、「データプラン(スマホ/タブ)」が1700円、「データプラン(ルーター)」が1200円、「デバイスプラス500」が500円、「デバイスプラス300」(2年契約なし)が300円。2年契約なしの場合は、それぞれ金額が高くなる。

パケットパックの定額料は、1グループごとに、一人向けの「データSパック」(利用可能データ量2GB)が3500円、「データMパック」(同5GB)が5000円、家族向けの「シェアパック10」(同10GB)が9500円、「シェアパック15」(同15GB)が1万2500円、「シェアパック20」(同20GB)が1万6000円、「シェアパック30」(同30GB)が2万2500円、らくらくスマートフォン向けの「らくらくパック」(200MB)が2000円。

インターネットへの接続には、spモード/iモード(300円)など、別途ISP料金が必要。パケットパック未加入の場合、Xiは0.6円/KB、FOMAは0.08円/パケットの料金が必要となる。SMS(1通あたり3円)、国際通話料や国際ローミング中の通話・通信は適用対象外。

●子回線のシェアオプションは月額500円、上限を超えると128kbpsにダウン

データシェアサービス「パケあえる」は、代表回線で契約したパケットパックの利用可能データ量を、家族などが契約した子回線で分け合うことができるサービスで、「2台目プラス」として契約すれば、同一名義で契約した複数の端末で分け合うこともできる。料金(シェアオプション料)は、一人向けの「2台目プラス」、家族向けの子回線ともに月額500円。なお、「デバイスプラス」の対象製品では、シェアオプション料なしに、データ量を分け合うことができる。

設定した利用可能データ量を超えた場合、通常適用される「リミットモード」適用時は、通信速度が128kbpsになる。利用可能データ量を超えても速度が低下せずに利用できるオプションサービス「スピードモード」も用意する。超過分の料金は、1GBにつき1000円。

●長期利用者ほど毎月の料金が安くなる「ずっとドコモ割」

新料金プランは、長期利用者向けに、契約年数に応じて、パケットパックの料金から毎月一定額を割り引く「ずっとドコモ割」を自動的に適用する。毎月の割引額は、契約年数とパケットパックの種類によって変わり、最も割引額の大きい契約年数16年目以上の場合、毎月、600~2000円割り引く。契約年数1~5年目の場合は割引はなく、契約年数6~8年目の場合は「シェアパック」に限って300~800円を割り引く。

「U25応援割」は、利用者が25歳以下で、「カケホーダイプラン」と「パケットパック」(子回線でも可)を契約した場合、利用料金から毎月500円割り引き、「ボーナスパケット」として一か月あたり1GBを付与する。割引適用期間は26歳の誕生月まで。

新料金プランの予約は、「My docomo」やドコモショップなどで、5月15日から受け付ける。ウェブサイトでは、新料金プランを適用した場合の料金の目安がわかる「カケホーダイ&パケあえる」の簡単シミュレーションや、家族4人のモデルケースを公開している。

なお、Xiの既存プランと既存プランに関連する割引サービスは、2014年8月末で新規受付を終了する。FOMAの既存プランは継続する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング