"鬼平犯科帳"とコラボした羽生PA『鬼平江戸処』のクオリティがすごすぎる

昨年末、東北自動車道の上り線、羽生PAオープンした『鬼平江戸処』。この春、一般道からもアクセス可能になったということで、「鬼平犯科帳」を観ていない著者が子どもと一緒に江戸文化を学びに出かけてみた。

池波正太郎さんの代表的な時代小説、「鬼平犯科帳」。
2013年12月、東北自動車道の上り線、羽生パーキングエリアに、その「鬼平犯科帳」とコラボした施設『鬼平江戸処』がオープンしました。

早速行ってみたいと思ってはいたものの、鬼平を知らなくても楽しめるのか? という心配と共にネックとなっていたのが、わざわざ高速に乗らないとたどり着けない、というアクセス障壁。

特に私のような地元民にとっては、家の隣にそびえたつ巨大な壁のよう…。

そんな、近くて遠い存在だった『鬼平江戸処』ですが、嬉しいことに、地元の声に応えるような形で(?)、この3月、晴れて一般道からもアクセスできるようになっていました。

そして、とある4月の平日午前、満を持して"お江戸"に出陣です。

一般道からも、裏口から忍び込み可能に…

一般道からの入口です。番人が出てきそう。
拡大画像表示

高速道路上り線の側道をそろそろと走ると、施設への入口を発見。まさに裏口風のつくり。「お客さま駐車場」の赤い小さな案内板の指示にしたがって進むと、ありました、駐車場。それほど大きくはないものの、20数台は停められそうです(もちろん無料)。

ここに来るまでに車の往来がなく、大きな看板もなく、閑散としているので若干不安に。
やはり皆さん、ほぼ高速道ルートで来るのでしょうか…?

 
怪しげな雰囲気に惹かれます。※中には入れません
拡大画像表示

さて、古びた雰囲気の木の門をくぐると、休憩のできる東屋風のスペースや「大見世物」の暖簾がかかった小屋風の建物あり。

こざっぱりと、質素な雰囲気が漂っています。(あとで確認したところ、このエリアは鬼平の物語に登場する「弥勒寺」界隈のイメージだとか。ピンとこないのが残念。)

 
たい焼きと人形焼はやっぱり人気。午後から混むようです。
拡大画像表示

そして左手に、ちょっとした人の列ができているので行ってみると、「文楽焼本舗」と書かれた味わいのある看板のもとに、色よく焼かれたたい焼きがずらりと並んでいて、いきなり食欲をそそられます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント