この美しすぎる白い輝きが鮮度の証 美麗なシマチョウ

白縞腸 580円

【ホルモン】丹虎

<絶品のホルモンを味わえる、駒場の隠れ家的名店>

知る人ぞ知る、ホルモンの名店。ポイントは材料へのこだわりと、丁寧にほどこされる仕事。

毎日、A -5ランク和牛を中心に新鮮なホルモンを仕入れ、注文が入ってから切り分ける手の入れよう。見た目にも美しく、角が立つようにカットされる。

そして、多くの客が〆に注文するのが、「鉄板ホルモン焼き」(1260 円)。ホルモンと野菜のエキスが凝縮した濃い一品は、食事のラストを飾るにふさわしい。

 
この美しい白が新鮮さの証。シマチョウ本来の旨さを味わうために、塩で注文する客も少なくない。皮目は、直に火の当たらない鉄板の中心部分で焼き、脂を直火に当ててサッと仕上げるのが、おいしく食べるポイント
拡大画像表示
丁寧なカットで見事に角が立った「ハツ」(530円)。一切臭みがなく、「ハツってこんなにおいしかったっけ?」と驚きを覚える客があとを絶たない
拡大画像表示
 
鉄板ホルモン焼きは、小腸や上ミノなど4種のホルモンと新鮮野菜が主役。エキスの染み出たスープをうどんに吸わせて完成
拡大画像表示
都会の隠れ家的な雰囲気をかもし出す外観
拡大画像表示
 
内装は落ち着いた雰囲気
拡大画像表示

【予算】(昼)500円~700円
(夜)4000円~5000円

住所:目黒区駒場1-21-9
営業時間:12:00 ~ 17:00 / 18:00 ~翌1:00、日祝18:00 ~翌1:00
休日:無休 
席数:48席
駐車場:なし
アクセス:京王井の頭線駒場東大前駅より徒歩約7分

 

 

 炙るだけでいただけて口に入れた瞬間に溶ける絶品トロ肉

トロ肉3秒焙り ハーフ1200円、1人前2400円 基本はリブロースの芯だが、その日によって脂のサシがよいところをチョイス。メス牛のため、脂の融点が低く、3秒炙っただけで脂が溶け出す

【焼肉】芝浦 三宿店

<下処理や味付けにこだわる店主の肉への愛情は無限大>

一定の銘柄や産地にこだわらず、脂の質や旨味を考慮しながら、〝いいものだけ〟を提供している。

さらに、もっと肉をおいしく感じられるように、丁寧に下処理し、味付けにも工夫をこらしているそう。また、肉の鮮度を保つために、盛り付けには冷やした皿を使用するなど、とことん行き届いた心配りがうれしい。

「肉を食べるとは、すなわち、生きた命を食べること」という店のテーマにも納得だ。

オーダーが入った時点でカット。テーブルに置いてあるだけで脂が溶けていく
拡大画像表示
大根おろしが乗った「芝浦ロース」(1人前960円)は、口のなかに清涼感を運びこんでくれる 
拡大画像表示
 
温かいご飯の上にレアステーキ状態の肉を乗せ、さらにウニをトッピングした「芝浦ごはん」(900円)
拡大画像表示
牛肉の模様をイメージした内装。座敷席も用意され、ゆったりとした空間の中で、おいしい肉を味わうことができる
拡大画像表示
 
三宿通り沿いにあり、ウインドウに飾られた牛のボードが目印
拡大画像表示

【予算】(夜)5000円

住所:世田谷区下馬1-45-6 ウィステリアプラザ2F
営業時間:17:00 ~24:00(LO23:00)
休日:木 
席数:66席
駐車場:なし 
アクセス:東急東横線祐天寺駅より徒歩約15分

 

 

 おいしさがギュっと詰まった奇跡のテール 驚くほどの甘さに舌鼓

テール 750円 骨と肉の間に細かい切れ込みが入っており、焼き上がりは、肉がほろほろと骨から外れる。赤身と脂のバランスが絶妙で、脂はおどろくほど甘く、旨い

【ホルモン】炭火ホルモン やみつき商店

<丁寧な仕事が生み出す、至極のホルモンの数々>

中野の路地裏で、上質なホルモンを低価格で提供してくれる一軒。A - 5ランクの和牛を中心に、新鮮なホルモンをいただくことができる。

魅力は食べやすさにこだわった、徹底した下処理だ。シマチョウであれば、仕入れた肉の厚さを考慮して、脂を適切な量にカットするなど「この値段で、よくぞここまで!」と感嘆してしまうほどの仕上がり。店名通り“やみつき”になること間違いなし。
 

脂をほどよくカットした「シマチョウ」(750円)
拡大画像表示
 
つるつるとした食感の「シビレ」(750円)
拡大画像表示
「あれこれ煮込み」(680円)は、多種類のホルモンが辛味の効いたスープで煮込まれている
拡大画像表示
 
裏路地にあるものの、店名の大きな文字が分かりやすい
拡大画像表示
2階は掘りごたつ式の小上がり。グループで楽しみたいときに最適だ。1階はカウンター席で若者の町・中野ということもあり、カップルで賑わっている
拡大画像表示
 

【予算】(夜)4000円

住所:中野区中野5-55-8
営業時間:17:00 ~翌2:00
休日:火 
席数:38席
駐車場:なし 
アクセス:JR総武線ほか中野駅より徒歩約5分

 
 

感嘆のダイナミックさ! 網からはみ出る旨味たっぷりの迫力ハラミ

次世代ハラミ 2400円 しっかりと切り込みが入れられており、驚くほどに柔らかい 

【ホルモン】青横ホルモンまるみち

<心とお腹を満足させるデカくて旨いホルモン>

昭和の雰囲気を漂わせるレトロな店内で、心ゆくまでホルモンを楽しむことができる下町風の店。コンセプトが「ホルモンを食べて元気に!」というだけあって、大迫力のメニューを堪能できる。

なかでも代表的なメニューが、「次世代ハラミと」「スーパーマルチョウ」。いずれも300gを超える超巨大な一品で、おなかを空かせたホルモン好きを引き寄せてやまない。満足度の高いホルモンといえるだろう。
 

焼きあがったらハサミでカットし、あとはひたすら食すべし
拡大画像表示
450gのビッグなスーパーマルチョウ(大2800円)。脂が甘く、とろけるような味わい
拡大画像表示
 
「山芋ニラチヂミ」(790円)は、山芋100%で中はふわふわの食感
拡大画像表示
昭和の一杯飲み屋を思わせるレトロな外観。白く大きな暖簾が目印
拡大画像表示
 
 
内観もどこか懐かしい雰囲気。ホルモンメニューは28種類に及ぶ。姉妹店の五反田本店、大森店も人気
拡大画像表示
【予算】(夜)4000円

住所:品川区南品川3-5-8 青物横丁MAビル 2F
営業:17:00 ~翌4:00、金土17:00 ~翌6:00
休日:無休 
席数:57席
駐車場:なし
アクセス:京急本線青物横丁駅より徒歩約1分
 
「うまい肉」更新情報が受け取れます