ニコン、デジタル一眼「D7100 18-300 VR スーパーズームキット」、16.7倍の高倍率ズームレンズが付属

2014.4.11 13:23配信
D7100 18-300 VR スーパーズームキット

ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D7100」のレンズキットに、新たにズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」が付属する「D7100 18-300 VR スーパーズームキット」を追加し、4月24日に発売する。あわせて、「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」の単体販売も行う。

デジタル一眼レフカメラ「D7100」と高倍率ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」のセット。数量限定で、アルティザン&アーティストとニコンのダブルネームによるコラボレーションストラップが付属する(なくなり次第終了)。価格はオープンで、税別実勢価格は21万3000円前後の見込み。

「D7100」は、小型・軽量のボディに高画質と先進機能を備えたニコンDXフォーマット対応のフラッグシップモデル。光学ローパスフィルターレス仕様で有効画素数約2416万画素のCMOSセンサを搭載する。高密度51点AF(オートフォーカス)システムで、被写体を的確に捕捉・追尾し、フルHD対応の「Dムービー」による動画撮影にも対応している。

「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」は、約16.7倍(焦点距離18~300mm/35mmフィルム換算で27~450mm相当)のDXフォーマット対応ズームレンズ。EDレンズと非球面レンズによって、すぐれた描写力をもつ。

4段分の手ブレ補正効果をもつVR機構を搭載。静かなAFを実現する超音波モーター(SWM:Silent Wave Motor)を備える。最短撮影距離は0.48mで、クローズアップ撮影にも対応する。

サイズは最大径78.5×長さ99.0mmで、重さは約550g。税別価格は9万3000円で、4月24日に発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング