キヤノンマーケティング、超広角ビデオカメラ「iVIS mini」と新コンセプトデジカメ「PowerShot N」の貸出しキャンペーン

2014.4.11 18:55配信
「iVIS mini」(上)と「PowerShot N」

キヤノンマーケティングジャパンは、デジタルビデオカメラ「iVIS mini」とコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」を、抽選で合計130名に20日間無料で貸し出す「iVIS mini/PowerShot N つかってみてキャンペーン」を開始した。受付期間は、4月23日13時まで。

キャンペーンは、超広角撮影が楽しめるビデオカメラ「iVIS mini」、新コンセプトの小型デジタルカメラ「PowerShot N」を実際に使ってみたいという声に応えて実施。「iVIS mini」80台、「PowerShot N」50台を、抽選で合計130名に20日間無料で貸し出す。

応募には、「つかってみてクラブ」の会員登録が必要。「iVIS mini つかってみてキャンペーン」「PowerShot N つかってみてキャンペーン」それぞれのサイト内にある「キャンペーンに応募する」からアクセスし、Facebook、Twitter、Googleのアカウントを使ってログインする。当選者には、案内メールで連絡後、製品を発送する。

「iVIS mini」「PowerShot N」は、ともにキヤノンオンラインショップ限定で販売している製品。「iVIS mini」は、置き撮りや自分撮りなど、新しい撮影スタイルと映像の楽しみ方を提案する超広角ビデオカメラ。狭い空間でもすみずみまで撮影でき、遠近感を強調した印象的な表現ができる。手のひらやポケットに収まるコンパクトサイズで、屋内外を問わず、さまざまな用途に対応する。

「PowerShot N」は、スマートフォンを利用してSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で共有するなど、撮影した写真をさまざまなかたちで楽しみたいユーザーに向けて開発した新しいコンセプトの小型デジタルカメラ。1回の撮影で1枚のオリジナル写真に加え、画像のシーンを解析して構図や色調・露出を自動で調整した5枚の写真を追加で生成する「クリエイティブショット」を搭載する。レンズ部に搭載したリングを上下に操作してシャッターを切る新機構の「シャッターリング」や、約90°可動するタッチパネル対応のチルト式液晶モニタなどを備え、自由な感覚で、さまざまな位置や角度から撮影できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング