定番「Googleマップ」VS機能豊富「Yahoo!地図」本当に使えるのはどっち!?

2014.4.14 17:30

旅行や出張などで初めて行くところは道に迷いやすいもの。食事をしようにも、どのお店がいいのかわからない…。そんな時の強い味方が「地図アプリ」。ということで、今回は2大地図アプリ「Googleマップ」と「Yahoo!地図」を比較してみた。果たして“使える”のはどっち!?

地図アプリといえば、「Googleマップ」が定番。航空写真やストリートビューなどの便利な機能満載ということで、世界中で人気のアプリだ。

ただし、地図アプリはGoogleだけではない。なかでもYahoo! Japanが提供する「Yahoo!地図」は、国産ならではのきめ細やかなサービスで人気急上昇中だ。

今回は、実際にいくつかのシチュエーションで2つのアプリの機能を比較してみた。自分に合った地図アプリを使いこなして、これからは迷い知らずの人生を目指そう!

 

●地図アプリの決定版「Googleマップ」

 

●多機能さが特徴の「Yahoo!地図」

 

近くのレストランを調べたい!

周辺スポットを一発検索するGoogleマップ

 

外出先でレストランなどの飲食店を探す場合、Googleマップだったらまず、画面上部の「検索」欄をタップしよう。ここに食べたいものなどのキーワードを入れて検索してもいいが、手っ取り早く調べたいときは、その下に表示される「周辺のスポット」を利用しよう。ここで「食べる」をタップすれば、現在地の近くにある飲食店がピックアップされる。各店舗の口コミをチェックすることも可能だ。

 

お店の詳細がよくわかるYahoo!地図

 

こちらも基本的な手順は同様だ。ただしYahoo!地図の場合は最初に地図が表示されるので、位置関係がわかりやすい。なお詳細情報は、こちらの方が豊富だ。

お店を目的地にしての経路検索や、その場所の天気なども表示してくれるのがうれしい。
なお店舗の種類も、カフェ、居酒屋・バー、ラーメンなど、細かく選ぶことができる。Yahoo! IDでログインすれば、気になる場所を「キープ」として保存しておける。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング