パナソニック、無線LAN対応SDカードリーダーライター「BN-SDWBP3」、NFC対応で簡単無線LAN接続

2014.4.15 17:5配信
BN-SDWBP3

パナソニックは、無線LAN機能を搭載し、スマートフォンやタブレット端末からワイヤレス接続してデータの読み書きができるSDカードリーダーライター「BN-SDWBP3」を、5月23日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は7500円前後の見込み。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載したSDカードリーダーライター。

スマートフォンやタブレット端末と無線LANで接続し、端末内の写真や動画などのデータをSDカードにワイヤレスでバックアップできる。また、一括バックアップ機能「かんたんバックアップ」を備えた専用アプリ「Wi-Fiカードリーダー」も用意する。

無線LAN接続したスマートフォンで、SDカードに保存した写真や動画を閲覧・再生できる。最大5台まで接続できるので、データ共有用のモバイルサーバーとしても利用できる。SDカード内のファイルと、PC上の指定したフォルダとを自動で同期する機能をもつ専用ソフトも提供する。

NFC(近距離無線通信)に対応。対応するスマートフォンを本体にタッチするだけで、無線LAN接続ができる。スマートフォンやPCと直接接続(親機モード)だけでなく、無線LANルータ経由で無線LAN接続するホームネットワークモード(子機モード)も備える。

専用アプリに加えて、KeynoteやNumbers、Pagesなど、WebDAV対応アプリからのデータ読込みや保存にも対応する。

本体は、幅56.0×高さ9.7×奥行き90.0mmの名刺ケースサイズで業界最軽量。重さは約47g。ポケットに入れて手軽に持ち運べる。

バッテリ駆動時間は約1時間40分で、充電時間は約2時間30分。対応OSは、iOS 6.1~7.1、Android 4.0~4.4、Windows 8.1/8/7、Mac OS X 10.7~10.9。対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、変換アダプタを使用することでmicroSDXC/microSDHC/microSDカードにも対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング