日本HP、10.1インチのWindows 8.1搭載タブレット端末「HP Omni10」、高解像度ディスプレイを採用

2014.4.16 18:24配信
HP Omni10

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、4月16日、10.1インチの高解像度ディスプレイを採用したWindows 8.1搭載タブレット端末「HP Omni10」の直販モデルを、オンラインショップのHP Directplusで発売した。量販店モデルは4月25日に発売する。

CPUにインテルAtom Z3770を採用し、タッチ対応の10.1インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1200)、2GBのメモリ、32GBのフラッシュメモリを搭載。インターフェースは、microUSB×1、Micro HDMI出力×1、microSDカードスロットなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 32ビット。

高解像度液晶ディスプレイと描画能力にすぐれたCPUによって、ゲームやウェブ閲覧を快適に楽しめる。ディスプレイにはキズがつきにくい最新のGorillaガラス3を、きょう体にはソフトタッチ処理を施した強化プラスチックを使用することで、持ちやすさと高い剛性を実現する。背面には800万画素の高解像度カメラを備える。

バッテリ駆動時間は約8.5時間。サイズは幅260.0×高さ182.0×奥行き9.9mmで、重さは約650g。

税別価格は、直販モデルが4万4800円から。Microsoft Office Home and Business 2013を搭載した量販店モデルの価格はオープンで、税別実勢価格は5万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング