撮ってからが本番だ! 写真の「活用」を変えるスゴ腕アイテムたち

2014.4.18 20:34配信
写真の楽しさを拡張するワザありアイテム

ハイスペックのデジタルカメラの普及や、スマートフォンのカメラ機能の進化によって、いまや「写真を撮ること」は年齢や性別を問わない日常的な行為になった。しかし、撮るだけでは写真を十分に楽しんでいるとはいえない。誰もがカメラマンの時代だからこそ、撮ったあとの「活用」の楽しみを覚えたい。そのとき活躍するのが、ここに紹介する驚きの機能をもったスゴ腕アイテムたちだ!

撮影した写真の活用方法は人それぞれ。友人やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で共有するもよし、加工して一つの作品としての完成を目指すもよし。ここで紹介するのは、撮影した画像データを安全に保存できるウエスタンデジタルのポータブル外付けHDD「My Passport Pro 4TB」、デジタルカメラで撮った写真をスマートフォンで手軽に活用できるソニーのポータブルワイヤレスサーバー「WG-C20」、スマートフォンでは難しい高度な写真加工ができるサイバーリンクの写真編集アプリ「PhotoDirector Mobile」だ。便利なアイテムたちで写真を「活用」して、フォトライフをすみからすみまで満喫しよう。

頑丈なアルミニウム製のThunderbolt対応デュアルドライブポータブルストレージ。Macから電源を供給するバスパワーで駆動する。ケーブルを本体に収納して手軽に持ち歩けるので、撮影した写真をその場で保存・編集したい人におすすめだ。

デュアルドライブならではの機能として、パフォーマンスを最大化して高速転送ができるRAID 0と、二つのHDD(ハードディスクドライブ)に二重でデータを保存するRAID 1の使い分けに対応。RAID 0は、1GBの写真データを約7秒で転送することができた。用途に合わせてRAIDを切り替えることで、写真の活用が快適になる。

無線LANでSDカード内のコンテンツをスマートフォンに転送できるワイヤレスサーバー。メディアストレージ「nasne」やBD(ブルーレイディスク)レコーダーの録画番組を外に持ち出す「おでかけ転送」に対応する。モバイルバッテリとしても機能する3000mAhの内蔵バッテリを搭載する。

専用アプリ「File Manager」で操作する。NFC搭載の機器なら、ワンタッチでアプリが起動。デジタルカメラで撮影した写真を簡単にスマートフォンに転送できるので、友人に送ったりやSNSで共有したりするのに便利だ。写真だけでなく、音楽ファイルやドキュメントも閲覧・転送できる。

PCやWindowsタブレット端末で、直感的な操作で誰でも簡単に写真を編集できるWindows 8.1対応の写真編集アプリ。多彩な編集機能と操作性の高さが魅力だ。取り込んだ写真を直接FacebookなどのSNSに投稿することができる。

不要なオブジェクトの除去やスキンツールなど、スマートフォンのアプリではできない高度な編集機能を搭載。コラージュや吹出し、フォトフレームなど、遊び心のある機能も満載している。タッチ操作に対応し、シンプルな操作で写真を思いどおりの作品に仕上げることができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング