映画で検証。ゴリラは野球選手になれるのか?

2014.4.22 11:7配信
(C)2013 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND DEXTER FILMS ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ミスターGO!』が5月24日(土)に公開される。韓国プロ野球界の下位球団になぜかサーカス団の“ゴリラ”が選手として入団する、という奇想天外な設定のエンターテインメント作品だが、ゴリラはその特徴・スペックだけ見ると十分に“プロ野球選手”としてやっていける実力があるようだ。

関連動画

本作は弱小チームが中国のサーカス団からやってきたミスターGOと、ゴリラ使いの少女ウェイウェイを助っ人して入団させるところから物語は始まる。劇中に登場するミスターGOは、低地で暮すローランドゴリラと呼ばれる種で、身長は約170センチ、体重300キロ、握力500キロでウェイウェイの指示によってバッターボックスに立つ。

ゴリラは研究によって穏やかで繊細な性格であることがわかってきたが、相手を威嚇する際には鋭い目つきと動きで相手に立ち向かう。両手足を使って100メートルを11秒で走りきる能力があり、様々な方法でコミュニケーションを図ることができるため、十分訓練を行えば試合を行うことは可能だ。さらに、ゴリラの指は短いため、変化球を投げることは難しいが、早い球を投げる速球派投手にはなれるという。過去には、アメリカのマイナーリーグの野球チームで、チンパンジーが三塁手としてプレイしたという記録があり、実話を基にした『モンキー・リーグ/史上最強のルーキー登場』という映画が製作されている。

そもそもゴリラが野球のルールを理解するのか? 誰が教えるのか? という疑問は残るが、映画『ミスターGO!』ではパワフルなゴリラを少女ウェイウェイがサポートすることでその点を見事にクリア! ミスターGOがバッターボックスから放つ弾丸のような打球は圧巻だ。さらに劇中では彼のライバルとして“ゴリラのピッチャー”も登場。大きな腕から繰り出される剛速球にミスターGOはどう立ち向かうのか? 最新のVFXを駆使して描かれる“ゴリラの野球対決”の行方も気になるところだ。

『ミスターGO!』
5月24日(土)シネマライズほか全国順次ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング