日焼け肌は時代遅れ! モテる「清潔肌男子」になる正しいスキンケア法

スキンケアは女性のもの。オトコは水で顔を洗ったら、タオルで水気をとっておしまい。こんな考え方をしている男性はいませんか? しかし実際のところ、男性は女性以上に紫外線や乾燥ダメージ、日々のシェービングなど、肌が傷んでしまう生活を送っているんです…!

スキンケアは女性のもの。オトコは水で顔を洗ったら、タオルで水気をとっておしまい。こんな考え方をしている男性はいませんか? 

しかし実際のところ、男性は女性以上に紫外線や乾燥ダメージ、日々のシェービングなど、肌が傷んでしまう生活を送っているんです…!

 

男性の肌は女性よりも傷みやすい!?

「男性こそ低刺激で高品質な基礎化粧品を使うべき」と話すのは、メンズコスメブランド「BULK HOMME」の代表を務める野口卓也さん。基礎化粧品とは肌質を整えたり、肌を健康に保つために使う洗顔料や化粧水、乳液、美容液、クリームなどのことを指します。

ただでさえテカりやすい男性の肌に、基礎化粧品をつけると余計にベタついてしまうのでは? そう疑問に感じる男性も多いはず。そもそも男性ホルモンには皮脂分泌を活発にする働きがあり、男性ホルモンが多ければ多いほど、皮脂がたくさん分泌されるのです。

女性と比べて皮脂量が多くなりがちな男性の肌はキメが粗くなるほか、毛穴が開きがちになったり、毛穴が詰まってニキビができやすくなったりします。

さらに、紫外線や乾燥も男性の肌にかなりのダメージを与えています。「素肌に紫外線を浴び続けると肌が焼けますよね。黒くなった色素は、まだらに沈着してシミになったり、肌がたるんでシワになったりすることで、外見が老化してゆくのです。女性は日焼け止めやファンデーションなどで、日ごろからダメージを防いでいます」(野口さん)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング