『猿の惑星:新世紀(ライジング)』新画像が公開

2014.4.25 11:49配信
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (C)2014 Twentieth Century Fox

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のその後の物語を描く映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のポスター画像が公開された。進化した猿を率いるシーザーの表情に迫ったデザインだが、その表情は怒りに満ちているようにも、苦悩しているようにも見える。ポスターにデザインされた“心も、進化した”というコピーは何を意味しているのだろうか?

その他の写真

『…創世記(ジェネシス)』では、シーザーという一匹の猿が突然変異的な進化を遂げ、彼の先導によって猿たちが進化し、人間に反旗を翻すまでが描かれたが、最新作はその10年後が舞台となる。生き残った人間たちは深い森に逃げ込み、独自のコミュニティを作り上げていた。彼らは知能を持った猿たちに襲われる恐怖と戦いながら、人類がかつて謳歌していた暮らしを取り戻すべく、猿たちを率いるシーザーと交渉することを希望する。一方、シーザーも平和を望んでいるが、人間と共存するべきか、彼らと対立して戦いを続けるべきか迷う。シーザーはどちらの道を選ぶのか? 地球を新たに支配するのは人間と猿のどちらなのか? 新作は緊迫感あふれるスペクタクルを描きながら同時に、キャラクターの“葛藤”も描かれるという。

名優アンディ・サーキスが前作に引き続いてシーザー役を演じ、スタッフはサーキスの身体や表情の動きを読み取ってCGに生命を吹き込む“パフォーマンス・キャプチャー”の技術を用いることで、シーザーの表情の変化を細やかに描き出していく。ポスターに登場するシーザーの“進化した心”が最後に下す判断が気になるところだ。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
9月、全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング