辻仁成×堂珍嘉邦『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶

2014.4.30 18:19配信
『醒めながら見る夢』(C)2014「醒めながら見る夢」製作委員会

辻仁成が自作の同名音楽劇を自らの手で映像化した映画『醒めながら見る夢』のキャストによる初日舞台あいさつが5月17日(土)に新宿武蔵野館で行われることが発表された。当日は本作が映画初主演作となる堂珍嘉邦が駆けつける。

その他の写真

映画は、人気劇団の演出家・優児を主人公に、真実の愛を求めさまよう男女の美しくも切ない喪失と再生を描いた物語。CHEMISTRYの活動休止後、ソロ活動に精を出している堂珍が舞台版に続いて主演を務め、映画デビューを果たす。京都ロケによって映し出される叙情的な風景も魅力だ。

初日舞台あいさつは新宿武蔵野館で2回行われ、堂珍嘉邦、高梨臨、石橋杏奈、村井良太が登壇する。チケットは、プレリザーブ(先行抽選)が5月3日(土)より受付開始。一般発売は、10日(土)より発売される。なお本作は15歳以上の観客が鑑賞できる。

『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
5月17日(土)
会場:新宿武蔵野館
1回目 10:30上映後/舞台あいさつ
2回目 13:20の回上映前/舞台あいさつ
登壇者(予定):堂珍嘉邦、高梨臨、石橋杏奈、村井良太
料金:2000円(税込)

プレリザーブ:5月3日(土)~9日(金)
チケット発売:5月10日(土)10:00より

『醒めながら見る夢』
5月17日(土)新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング