イギリスの名優ボブ・ホスキンスが、29日、肺炎で亡くなった。71歳だった。ホスキンスの最後の映画は、2012年の『スノーホワイト』。同年、パーキンソン病と診断されたことを理由に、演技から引退を表明していた。

その他の情報

ホスキンスは1942年生まれ。60年代にイギリスの舞台で演技を始め、やがてイギリスのテレビに出演。映画の代表作に、『未来世紀ブラジル』『コットンクラブ』『ロジャー・ラビット』『フック』『ニクソン』『マイケル』『メイド・イン・マンハッタン』『Disney'sクリスマス・キャロル』などがある。『モナリザ』でオスカー主演男優部門にノミネート、英国アカデミー賞を受賞した。一度目の妻と、現在の妻との間にふたりずつ子供をもうけている。

文:猿渡由紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます