『テッド』監督作『荒野はつらいよ』が秋公開

2014.5.2 12:29配信
『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』 (C)Universal Pictures

『テッド』のセス・マクファーレン監督が主演・脚本・監督を務める『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』が9月に日本公開されることが決まり、クマのテッドとマクファーレン監督が作品を紹介する特報映像が公開された。

特報映像

前作『テッド』が全世界で大ヒットを記録し、次回作が期待されているマクファーレン監督の新作は“西部劇”だ。監督が演じる主人公アルバートは地味な羊飼いで、文化度が低くて低モラルな民衆が暮すアリゾナの田舎を心底嫌っている。そんな彼はある日、超一流の射撃の腕を持つミステリアスな美女・アンナに出会い、恋に落ちるが、時を同じくして西部最悪の大悪党・クリンチが町に乗り込んでくる。銃を撃ったこともないアルバートはクリンチを倒して、愛するアンナをモノにできるのか? アンナをシャーリーズ・セロンが、クリンチをリーアム・ニーソンが演じ、アマンダ・セイフライドが共演する。

このほど公開された特報は、マクファーレン監督とテッドが作品について紹介した後、『荒野はつらいよ…』のダイジェストが流れる構成で、短い映像ながら、クセのあるキャラクターたちと、何をやってもダメすぎる主人公アルバートの姿に思わず笑ってしまう内容になっている。

『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
9月 TOHOシネマズ 日本橋ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング