iPhoneケースと0.1ctのダイヤモンドリングのセット「刻~KOKU~」、UNiCASE名古屋店・表参道原宿で販売

2014.5.7 18:18配信
「刻~KOKU~」

スマートフォンアクセサリ専門店「UNiCASE(ユニケース)」を運営するエム・フロンティアは、ジュエリー加工技術を用いて製作したiPhoneケースと0.1ct(カラット)のダイヤモンドリングのセット「刻~KOKU~」を、UNiCASE 名古屋とUNiCASE 表参道原宿で展示・販売する。

「刻~KOKU~」は、山梨県のジュエリー加工技術を用いて製作したiPhone 5/5Sケース。「時間」をテーマに、山梨のジュエリー加工・製作技術の継承の時の流れをギリシャ数字で表した。また、世界文化遺産に登録された富士山のモチーフをさりげなく取り入れ、悠久の時の流れを表現した。

カラーはシルバーとゴールドで、それぞれ0.1ctのダイヤモンドリングをセットにした。リングの素材は、シルバーのケースがホワイトゴールド(K18)、ゴールドのケースがイエローゴールド(K18)。サイズは指定できる。

「刻~KOKU~」は秋山製作所とフォネットの共同製作で、展示・販売は「UNiCASE」が初。税別価格は37万7600円。UNiCASE 名古屋は5月3~11日、UNiCASE 表参道原宿は5月17~25日に展示する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング