ラナ、『スター・ウォーズ』のR2-D2をモチーフにした投影式キーボード「R2-D2 バーチャルキーボード」

2014.5.7 19:26配信
R2-D2 バーチャルキーボード

ラナは、『ディズニー』『ピクサー』『マーベル』『スター・ウォーズ』のキャラクターをモチーフにしたデジタルガジェットの新ブランド「imp.(インプ)」の第一弾として、『スター・ウォーズ』のドロイドR2-D2をモチーフにした投影式キーボード「R2-D2 バーチャルキーボード」の予約受付を、5月4日の「スター・ウォーズの日」にオンラインショップのラナタウンで開始した。税込み価格は3万3480円で、8月下旬の出荷を予定している。

Bluetooth 3.0に対応した投影式キーボード。本体から投影するキーボードに触れることで、Bluetooth接続した機器に文字を入力できる。文字入力と同時に、R2-D2の効果音を再生し、パワーオン/オフ時やBluetoothペアリング時、投影パターン輝度調整時などにも効果音が鳴る。

キー配列は68キー英語配列で、投影キーボードサイズは幅238×奥行き99mm。対応OSは、Windows 8/7、Android 4.0以降で、MacやiPhone/iPad/iPad mini/iPod touchでも使用できる。バッテリ駆動時間は約2時間で、充電時間は約3時間。サイズは幅70×高さ98×奥行き51mm。

「imp.」ブランドは、それぞれのキャラクターがもつ独特の世界観を現代のデジタルモジュールによってリアルに再現。世界中のファンに新たな体験を届けることを目指す。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング