アニメ『ガンダムビルドファイターズ』(http://gundam-bf.net/)の大ヒットで、子供のファンも一気に増えた『ガンダム』ですが、やはりガンダムといえばモビルスーツ。そしてガンプラ! 子供の頃、模型店にお小遣いを持ってガンプラを買いに行ったお父さん達も少なくないのでは? 

ということで、アニメでガンダムに目覚めたばかりの5歳児と、ガンプラ少年だった父が協力して、ふたりでガンプラ製作に挑戦。同じくガンプラ初心者の母が、その模様をお届けします。

今回作ってみたのは、この2機!

アニメ『ガンダムビルドファイターズ』で、主人公のイオリ・セイとレイジが使っていた『ビルドストライクガンダム』と『スタービルドストライクガンダム』です。

『BB戦士 No.388 ビルドストライクガンダム フルパッケージ』は、BB戦士というデフォルメされた3頭身のキュートなガンプラ。パーツの数も少なめで、しかもニッパーを使わなくても手ではずせるようになっているので、初めてガンプラを作る小さな子供にも最適です。

かたや『スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング』は、『ビルドストライクガンダム』をベースにした進化機体で、その名の通り“プラフスキーウイング”と呼ばれる光の翼を身にまとっています。こちらは『HG(ハイグレード)』と呼ばれるシリーズで、実際の大きさの1/144スケールモデルです。

どちらも塗装済みのため、パーツを切り抜き組み立てていけば完成する手軽さと、2000円以下で買えるお手軽さで人気のシリーズです。

では、いよいよ作っていきましょう!

©創通・サンライズ・テレビ東京

「ハピママ*」更新情報が受け取れます