鹿賀丈史と市村正親のゴールデンコンビ。ゲイ夫婦役も息ぴったり

2012.1.10 16:25配信
『ラ・カージュ・オ・フォール』舞台より 『ラ・カージュ・オ・フォール』舞台より

鹿賀丈史と市村正親のゴールデンコンビがゲイのカップルを演じ、4年前に大好評を博したミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の再演が、1月7日、東京・日生劇場にて初日を迎えた。前日の6日には最終舞台稽古が行われた。

『ラ・カージュ・オ・フォール』チケット情報

『ラ・カージュ・オ・フォール』は1983年にブロードウェイで初演され、トニー賞6部門を受賞した大ヒット・ミュージカル。日本では1985年の初演から、様々なキャストで繰り返し上演され、鹿賀と市村のコンビでの上演は4年ぶりだ。ゲイクラブの経営者ジョルジュ(鹿賀)と看板スターのザザことアルバン(市村)は20年来同棲しているゲイカップル。ジョルジュの実の息子であり、アルバンが手塩にかけて育ててきたジャン・ミッシェル(原田優一)が結婚すると言いだしたことから物語は始まる。相手の両親がジョルジュたちに会いに訪ねてくるというのだが、その両親というのがナイトクラブを弾圧しようとしている保守的な政治家夫婦だから大変だ。その場を何とかとりつくろおうと一計を案じるのだが……家族愛をテーマとした笑いと涙の物語だ。

見どころは何といっても、鹿賀と市村によるコンビネーション。アルバンは市村のアタリ役と評されているが、そのしぐさは女性そのもの。ゲイ役にありがちな男性らしさが時折垣間見えるどぎつい演技もなく、あくまで自然な女性像に、いつもダンディな魅力をみせる市村が演じていることを忘れてしまうほどだ。対照的に鹿賀はゲイながら夫役であり見た目も演技も男性。鹿賀のゲイコスチュームを期待されていた諸氏には残念ではあるが、感情の振れ幅の大きい女房役を演じる市村の演技を見事に受け止めており、絶妙のコンビネーションをみせている。漂々とした夫ではあるが、それゆえに子を諭す場面では、親子の愛情とともに夫婦の愛情に対しての真剣さがぐっと伝わってくる。真島茂樹の振付による男性ダンサー(カジェル)達のレビューシーンも、ダイナミックで圧巻だ。タップダンスやカンカンダンスなど多彩なダンスに加え、女性のもつ華とはまたちがった男性ダンサーの力強さや大きさは、見ていてパワーをもらえるだろう。

開幕前日に鹿賀は「このミュージカルはたくさんの愛がつまった作品です。1年の幕開けに『ラ・カージュ』を観て、エネルギーとパワーを持って帰っていただければと思います。この作品とともに2012年を迎えられることを嬉しく思っています」と語り、市村も「この舞台は家族・夫婦・親子の絆を描いた物語です。活気溢れるこのミュージカルを観に、是非劇場にいらしてください!」とコメントした。自分を偽らない「私は私よ」というメッセージに、新年から前向きな気持ちになれそうだ。

公演は1月29(日)まで同劇場にて上演。その後、2月3日(金)から2月5日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、2月12日(日)から2月13日(月)まで愛知県芸術劇場 大ホールにて公演が行われる。チケットは発売中。

文:大林計隆

いま人気の動画

     

人気記事ランキング