ソニーモバイル、ライフログを記録するリストバンド「SmartBand SWR10」

2014.5.8 20:20配信
SmartBand SWR10(ブラック)と、使用イメージ

ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォン、「Lifelogアプリケーション」と連携し、さまざまな日常の活動(ライフログ)を記録・活用できるリストバンド型スマートウェア「SmartBand SWR10」を、5月23日に発売する。ソニーモバイル直販サイトのXperia Store、ソニーマーケティングのソニーストア、家電量販店で販売する。価格はオープンで、Xperia Store/ソニーストアでの価格は税別9800円。

本体(コア)に加速度センサなどのセンシング技術を搭載し、Google Playで提供する「Lifelogアプリケーション」をインストールした対応スマートフォンとあわせて使用することで、歩行や運動、睡眠などのモーショナル(動的)な活動から、撮影した写真や聴いた音楽、通話やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのエモーショナル(感情的)な活動まで、日々の活動全般をライフログとしてデータ化し、生活をよりアクティブに彩るウェアラブル端末。蓄積したデータは、「Lifelogアプリケーション」上で、アニメーションとして時間軸で可視化。自分の行動パターンの発見や、未来のコミュニケーション・行動のきっかけになる情報を提供する。

さまざまな活動のログを取得する「Life Bookmark」機能では、目標を達成したときなど、記憶に残しておきたい瞬間にボタンをすばやく2回押すことで、時間や場所を登録できる。このほか、加速度センサが睡眠サイクルを分析し、設定した起床時間に合わせて、起床に最適な眠りの浅いタイミングでバイブレーションによって目覚めを促す「スマートウェイクアップ(快眠アラーム)」、電話の着信やSMSの受信があると本体が振動し、手元で通知する「通知/メッセージ通知」などの便利な機能を備える。

「SmartBand SWR10」には、ブラックのリストバンド(Sサイズ・Lサイズ)が付属。コアはリストバンドから着脱でき、別売のカラーバリエーションに加え、今後、他社が発売を予定しているリストバンドなどに装着して使うこともできる。オプションバンドは、3色セット(Sサイズ・Lサイズ)で、6月以降に発売予定。カラーは、「Classic」のブラック、ブルー、オレンジ、「Fashion」のホワイト、ライトピンク、ダークグリーン、「Active」のパープル、イエロー、ピンクの全9色。

IPX8、IP5X相当の防水・防塵性能を備え、Bluetooth機器の登録(ペアリング)を意識することなく、ワンタッチで接続・切断できるNFC(近距離無線通信)に対応する。対応機種は、Android 4.4以上、Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)を搭載したスマートフォン。コアのサイズは約横40.7×縦15.3×厚さ7.8mmで、重さは約6g。リストバンドの長さは、Sサイズが約214mm、Lサイズが約250mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング