【Jリーグ】日本代表サバイバル、最後の最後にアピールするのは誰だ!?

5月12日、ブラジルW杯を戦う日本代表23名が発表される。と言うことは、5月10日にキックオフを控えるJ1リーグ戦第13節は、メンバー入りの当落線上にいる選手にとって最後のアピールの場となる。ブラジル行きの切符を手に入れるのは誰か? 「運命の一日」となるメンバー発表の2日前、わずかな可能性を信じ、そしして何より自軍の勝利のため、選手たちが躍動する。

大久保嘉人(川崎フロンターレ) ©J.LEAGUE PHOTOS
5月12日(月)、ブラジルW杯を戦う日本代表23名が発表される。と言うことは、5月10日(土)にキックオフを控えるJ1リーグ戦第13節は、メンバー入りの当落線上にいる選手にとって、最後のアピールの場となる。

最後の90分間でアピールし、ブラジル行きの切符を手に入れるのは誰か? 「運命の一日」となるメンバー発表の2日前、わずかな可能性を信じ、そしして何より自軍の勝利のため、選手たちが躍動する。
 

ザッケローニにサプライズ選考させる秘策とは?

ザッケローニ監督の頭のなかでは、ブラジルW杯へ連れて行く23名のメンバーはほぼ決まっていることだろう。固定メンバーでチーム戦術を高めてきたザッケローニ監督のコアメンバーと言えば、本田圭佑や香川真司、遠藤保仁、長友佑都など、20名ほどの名前が挙がる。これまで呼ばれていなかったベテランのサプライズ召集はあるのか? Jリーグで結果を残しているアタッカー陣の逆転招集はあるのか? すべてはザッケローニ監督の口から5月12日(月)に発表される。

ただ、選手選考は不測の事態などありとあらゆる可能性を吟味して行われる。過去の例を見るまでもなく、発表当日ギリギリまで頭を悩ます指揮官も少なくない。そんな時、直近の試合でゴールを量産した攻撃陣がいたらどうだろう。攻撃の切り札であるジョーカーを持たないザッケローニ監督ではなくとも、魅力を感じることはずだ。

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント