ヒビノ、USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「MICRO PRECISION DH1」、192kHz/32ビットのハイレゾ音源に対応

2014.5.9 19:37配信
MICRO PRECISION DH1

ヒビノインターサウンドは、iBasso Audioとのパートナーシップによって開発したUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「MICRO PRECISION DH1」を、6月13日に発売する。価格はオープンで、税込み実勢価格は1万9980円前後の見込み。

日本のマーケットニーズに対応した新ブランド「hibino/iBasso」の第一弾となるUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ。

デジタル部は、32ビットDACに対応したテキサス・インスツルメンツのPCM1795を搭載し、ハイレゾ音源を高品位に再現。PCMなら192kHz/32ビット、DSD64(2.8MHz)/128(5.6MHz)までのネイティブ再生に対応し、ほとんどのハイレゾフォーマットを再生できる。また、専用ドライバによって、ASIO2.1とDoP(DSD over PCM)の両方に対応し、DSDのネイティブ再生ができる。

2系統の独立したクロックで制御するアシンクロナス・モード(非同期モード)を採用し、44.1/88.2/176.4kHz、DSD2.8/5.6MHz、48/96/192kHzの2系統のクロックを変換することなくDACへ転送できる。さらに、USB Audio Class 2.0に対応しているので、192kHz/32ビットのビットパーフェクト状態で再生できる。

左右の音量差(ギャングエラー)が非常に少なく、どの音量でも高音質な64ステップのデジタルボリュームや、高品位コンポーネントと接続できるライン出力を備える。16~300Ωの幅広いヘッドホンインピーダンスに対応し、小型ながら200mW+200mW(16Ω)で出力できる。

本体は、熟練した職人によるハンドメイドのヘアライン加工を施し、軽量ながら剛性の高いアルミニウム削り出し。電源はUSBバスパワー。

対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.6.3以降。サイズは幅52×高さ12×奥行き93mmで、重さは82g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング