米アドビ、iPad向けアニメーションビデオアプリ「Adobe Voice」を提供

2014.5.9 21:42配信
画面イメージ

米アドビ システムズは、現地時間の5月8日、ビデオストーリーの作成や共有が簡単にできるiPad向けのアニメーションビデオアプリ「Adobe Voice」の提供を開始した。App Storeから無料でダウンロードできる。

クリエイティブ分野のプロフェッショナル向けサービス「Adobe Creative Cloud」に搭載するビデオや音声関連技術を、一般ユーザーにも幅広く利用できるようにしたもの。モバイル専用の設計で、使いやすいインターフェースとプロ並みの製作機能を搭載し、誰でも楽しみながら魅力的で印象的なアニメーションビデオを作成できる。iOS 7を搭載したiPad 2以降に対応する。

プロがデザインした2万5000種類以上のアイコンやウェブ上の画像ライブラリ、ユーザーが保有する写真などを自由に追加することができる。モーションブラーや3D、シャドーなど、プロフェッショナル並みの効果を実現する機能を含め、アドビの最新の「After Effectsツール」によって、シネマレベルのグラフィック機能がリアルタイムでストーリーに自動的に適用される。

あらゆる種類のストーリーのためにデザインされた独自のアニメーションテーマを使って、鮮やかな色彩のアニメーションを作成できる。また、ミュージックセレクション機能を使って、メッセージに合った雰囲気の音楽を設定すれば、プロのサウンドブースで録音したような仕上がりになる。

すべてのビデオの終わりにクレジットと帰属表記ページを自動的に追加し、クリエイティブの共有アイコンや画像などで使用した素材の権利の帰属を明記。作成したアニメーションビデオは、ソーシャルメディアや電子メール、個人のブログやウェブサイトにリンクを掲載するだけで共有し、あらゆるデバイスで閲覧できる。

・「Adobe Voice」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング