ソニー、「XQDメモリーカード」を発売、書き込み速度1Gbpsを実現

2012.1.10 18:57配信
XQDメモリーカード

ソニーは、書込み速度1Gbps(毎秒125MB)、読出し速度1Gbps(毎秒125MB)を実現した新規格のメモリカード「XQDメモリーカード」を、デジタル一眼カメラ向けに業界で初めて商品化し、対応するカードリーダー、カードアダプタとともに2月15日に発売する。

容量は、16GB、32GBの2種類。価格はオープンで、実勢価格は16GBモデル(QD-H16)が2万円前後、32GBモデル(QD-H32)が3万3000円前後の見込み。

インターフェースにはPCI Express(拡張バス・シリアル転送)で、高速データ処理を可能にするコントローラーを搭載。高速化に適したフラッシュメモリを採用することで、従来のコンパクトフラッシュでは実現できなかった高速書込みを達成している。

高速書き込み性能によって、データ容量の大きなRAW撮影時でも安定した連写が可能。対応のデジタル一眼レフカメラニコン「D4」では、約100コマの連続撮影枚数を実現している。

サイズは幅29.6×高さ38.5×奥行き3.8mmで、重さは約10g。同時発売のUSB3.0対応カードリーダー「MRW-E80」を使用すれば、撮影したデータをPCへ高速転送できる。また、Expressカードスロット対応のカードアダプタ「QDA-EX1」を同時発売する。価格はどちらもオープンで、実勢価格は「MRW-E80」「QDA-EX1」ともに4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング