NSW、渋谷区観光協会に観光客向けのスマートフォンアプリを提供

2014.5.13 19:19配信
「あいりっすんNavi 」アプリの画面イメージ

日本システムウエア(NSW)は、東京・渋谷区観光協会にスマートフォン向け渋谷観光案内サービス「あいりっすんNavi」を6月18日に提供する。

渋谷を訪れる観光客などに向けて街の魅力をPRするサービス。専用のスマートフォンアプリ(iOS/Android対応)を無料ダウンロードした利用者が、渋谷駅周辺の観光案内情報やスタンプラリー、TwitterやFacebookと連動して情報を投稿する機能など、さまざまなサービスや特典を受けることができる利用者参加型のスマートフォン向けサービスだ。

渋谷区観光協会は、JR渋谷駅前の青ガエル観光案内所開設1周年となる6月18日に「あいりっすんNavi」のサービス提供を開始する。また、渋谷区PRキャラクター「あいりっすん」を探すスマートフォン版スタンプラリーなど、各種のキャンペーンの実施を予定している。今後はクーポン配信などの機能を追加し、対応地域を順次拡大する。

「あいりっすん Navi」のアプリケーションは、NSWが企画・開発し、渋谷区観光協会が監修した。位置情報と連動するBLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンの管理やプッシュ配信、ジオフェンスなどに対応する仕組みは、NSWが提供するO2Oモバイルサービス開発・運用基盤「ポスモバ」を利用する。NSWは、今後も渋谷の魅力的な情報発信、ソフト・コンテンツの拡充をITの側面から支援していく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング