シャープ、薄型ボディを実現したロボット掃除機「COCOROBO RX-V50」、ベッドやソファの下も掃除しやすく

2014.5.13 19:38配信
COCOROBO RX-V50

シャープは、ロボット家電「COCOROBO(ココロボ)」シリーズの新製品として、本体を薄型化してベッドやソファなどの家具の下を掃除しやすくした「RX-V50」を、6月下旬に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は5万円前後の見込み。

吸じん用のターボファンモーターを横向きに設置するなど、効率的な部品レイアウトによって、従来機種「RX-V60」と比較して約20%薄型化。ベッドやソファなどの家具の下にも入り込んで掃除ができる。

独自の「強力吸じんシステム」を採用し、前方の毛足の長いサイドブラシと回転ブラシがかき込んだゴミをターボファンモーターで吸い込むことで、フローリングの目地に詰まった細かいゴミまでしっかりと吸引する。

暮らしをアシストする人工知能「ココロエンジン」が、充電が完了すると「回復!」、直進が続くと「通りまーす」など、充電量は掃除の状況に応じて、音声で楽しく知らせる。標準語と関西弁の切り替えもでき、好みの音声を楽しめる。

このほか、上部かららくに着脱できるダストボックス構造を採用し、あらかじめ設定した時間(設定時から1/2/4/8時間後)に自動で掃除を行う「簡単予約タイマー」機能を備える。

最大稼働面積は約20畳。最長運転時間は約60分で、充電時間は約5時間。サイズは幅325×高さ75×奥行き325mmで、重さは1.9kg。

なお、5月14日16時~5月29日23時59分には、「SHARP i CLUB」会員や「いい暮らしストア」会員を対象にモニターを募集する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング