全部知ってたらかなり“肉通”! 「豚肉」部位7種、最もおいしく食べられる料理も解説

2014.6.24 17:30

ビタミンB類が豊富な豚肉は手頃な値段で栄養価も高く、さまざまな料理に使える庶民の味方。そんな豚肉の、知っているようで知らない「部位」を肉のプロが分かりやすく解説! 今回は肉編です。

ビタミンB類が豊富な豚肉は手頃な値段で栄養価も高く、さまざまな料理に使える庶民の味方。そんな豚肉の、知っているようで知らない「部位」を肉のプロが分かりやすく解説! 今回は肉編です。

 

肩ロース

(1)肩ロース
赤身に網目状のサシが入り旨味が強い部位。コクのある濃厚な味で、焼肉やしょうが焼き、カレーなど、どんな料理にも合う。スジがあるので、スジ切りの必要あり。

さっぱり○○○●○こってり

 
肩肉

(2)肩肉
前足の付け根部分にあたる部位。よく動かす部分なので、筋肉質でやや硬く、脂も少なめだが旨味は強い。シチューや豚汁といった煮込み料理に向いている。

さっぱり○○●○○こってり

 
スペアリブ

(3)スペアリブ
バラ肉を肋骨ごとカットしたものをスペアリブと呼ぶが、特に前腹の部分は肉厚で赤身が多く品質が良い。バーベキューや煮込みに向くが臭みがあるので濃い味付けで。

さっぱり○○○○●こってり

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント