キヤノン、付属レンズ2本も白い「EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット2」

2014.5.14 17:39配信
付属レンズが2本ともホワイトになり、より一体感と軽快感のあるデザインになった「EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット 2」

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット 2」を、6月上旬に発売する。価格はオープンで、「キヤノンオンラインショップ」での予定価格は税別9万4800円。

光沢を抑えた高品位なホワイト塗装を施した「EOS Kiss X7(ホワイト)」と、同色に仕上げた標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM(ホワイト)」、EFレンズシリーズ最薄の単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM(ホワイト)」のセット。2013年11月に発売したホワイトカラーのダブルレンズキットとは異なり、標準ズームレンズの「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」も、ボディと同色のホワイトに仕上げ、付属するレンズ2本をホワイトに統一した。白のボディに似合うグレーのワイドストラップが付属する。

「EOS Kiss X7」は、有効約1800万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサと映像エンジン「DIGIC 5」を搭載したデジタル一眼レフカメラ。APS-Cサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラとしては世界最小・最軽量で、手軽に持ち歩いて本格的な撮影を楽しめる。本体サイズは幅約116.8×高さ90.7×奥行き69.4mm、ボディ単体の重さは、13年4月に発売したブラックが約370g、ホワイトが約373g。なお、ホワイトのボディ単体、各レンズの単品での販売は行わない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング