森公美子、目標は「瀬奈じゅんからの自立」

2014.5.14 18:35配信
『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』開幕直前スペシャルイベントにキャストが勢ぞろい 『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』開幕直前スペシャルイベントにキャストが勢ぞろい

6月の東京・帝国劇場にて日本初演の幕を開けるミュージカル『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』。この作品の<開幕直前スペシャルイベント>が5月13日、同劇場にて行われ、ヒロイン・デロリスをWキャストで務める瀬奈じゅん、森公美子らがトークショーと劇中歌披露を行った。

ミュージカル「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」チケット情報

作品は『天使にラブ・ソングを…』のタイトルで大ヒットした映画をもとに、2009年にロンドンで初演されたもの。黒人クラブ歌手のデロリスが、ある殺人事件を目撃したことでマフィアに追われ、修道院に逃げ込んだことから起こる大騒動が、ノリのいい音楽とともに描かれていく。

宝塚の元トップスターである瀬奈と、オペラ歌手出身で愛嬌のある人柄でも知られる森、まったくタイプの異なるふたりがWキャストを務めることも話題。お互いの印象を「森さんのデロリスは、ちょっとしたシーンではにかんでいる感じが可愛かったりする。人としてすごく可愛らしく、森さんを見て自分はなんて大雑把なんだろうと反省してしまう」と瀬奈が語れば、森は「瀬奈さんは本当に美しくカッコイイ。ポーズもパンと決まる。そのキマリ方を見るにつけ、自分は同じことをやっているのかと自問自答しています」とため息。続けて森が「でも本番では(同じ舞台には)瀬奈さんはいない、ということに最近気付いて「私、瀬奈さんから自立する!」と稽古場で机を離したんです。でもいつのまにか近くに戻ってしまう…」と話すなど、可愛らしいエピソードが次々と飛び出し、カンパニーの仲の良さも伝わる和気藹々としたトークが繰り広げられた。

イベントでは、瀬奈、森のほか、共演する石井一孝、大澄賢也、吉原光夫、村井國夫、鳳蘭らキャストが勢揃いし劇中歌を高らかに歌い、集まったファンからも大きな拍手が贈られた。さらに修道院が舞台で、ゴスペルも盛り込まれる内容にあわせ、日本ゴスペルシンガーの第一人者である亀渕友香&The Voice of Japanも登場。その歌声に森は「涙が止まらない。こうやって歌わなきゃいけないんだなと勉強になりました」と涙ぐみながら話していた。

公演は6月1日(日)から、7月8日(火)に東京・帝国劇場、7月12日(土)・13日(日)に東京・厚木市文化会館 大ホール、7月19日(土)から21日(月)に宮城・東京エレクトロンホール宮城、7月25日(金)から29日(火)に大阪・シアターBRAVA!、8月2日(土)・3日(日)に愛知県芸術劇場 大ホールにて。チケットはいずれも発売中。ほかに岩手公演あり。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング