NEC、Android搭載タブレット端末「LaVie Tab E TE508/S1」と「TE510/S1L」、初心者向けサービスを強化

2014.5.14 18:57配信
LaVie Tab E TE508/S1

NECパーソナルコンピュータは、エントリクラスのAndroid搭載タブレット端末「LaVie Tab Eシリーズ」の新製品として、8インチワイドの「LaVie Tab E TE508/S1」と10.1インチワイドの「LaVie Tab E TE510/S1L」を5月22日に発売する。

初心者向けのサービスを強化したAndroid搭載タブレット端末。初回のセットアップ方法をていねいに説明したA3版の「かんたん!セットアップシート」と、初心者向けのマニュアル「かんたん!LaVie Tab for Android」が付属。ホーム画面には、動画チュートリアル「動画なびポータル」のアイコンを配置する。

CPUにクアッドコアのMT8121を採用し、1GBのメモリ、16GBのフラッシュメモリ、200万画素のフロントカメラと500万画素のリアカメラを搭載。インターフェースは、Micro USB×1、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはAndroid 4.2で、Android 4.4へのオンラインアップデートの提供を予定している。

プリインストールアプリは、写真を共有する「コンテンツナビ モバイル」に加えて、電子書籍や電子コミックを購読できる「ebiReader」を新たに搭載。電子書籍などの購入に使える2160円分のクーポンが付属する。

本体には、ラバーコーティングの手になじむ表面素材を採用。バッテリ駆動時間は、ウェブ閲覧時が約8時間、ビデオ再生時が約7時間。

「LaVie Tab E TE508/S1」は、従来機種「TE307/N1W」よりも薄くして、視野角の広いIPS液晶パネルを採用したことで、電子書籍の閲覧など、コンテンツ観賞用途に適している。

タッチパネル対応8インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1280×800)を搭載し、サイズは約幅136.0×高さ9.0×奥行き217.0mmで、重さは約360g。カラーは、ネイビーブルー、ホワイトの2色。価格はオープンで、オンラインショップのNEC Directでの税別価格は2万800円。

「LaVie Tab E TE510/S1L」は、タッチパネル対応10.1インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1280×800)を搭載する。サイズは約幅264.1×高さ8.9×奥行き176.5mmで、重さは約570g。価格はオープンで、NEC Directでの税別価格は3万1800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング