『昔の日々』演出家ルヴォーがワークショップ開催

2014.5.16 17:30配信
デヴィッド・ルヴォー photo:Robert Ascroft デヴィッド・ルヴォー photo:Robert Ascroft

6月に東京・日生劇場で舞台『昔の日々』を上演する演出家デヴィッド・ルヴォーが、オープン形式のワークショップを開催する。開催は6月8日(日)午後1時開演の舞台観劇後に行われ、当日の観客は無料で観覧することができる。ルヴォーはロンドン、ニューヨークなど世界的に活躍する演出家。日本でも1988年『危険な関係』以来、数々の話題作を手がけている名匠だ。その演出方法の全貌に触れる貴重な機会となる。ワークショップ詳細は、近日公式サイトにて発表を予定(http://www.umegei.com/schedule/375/)。

舞台『昔の日々』チケット情報

『昔の日々』は不条理劇の巨匠ハロルド・ピンターが1970年に手がけた3人芝居で、ある夫妻のもとに20年来の旧友が訪ねてきたことから生じる“記憶の混乱”を怜悧なタッチで描く舞台。2008年に死去したピンターが生前、ぜひルヴォー氏に演出して欲しいと、直接本人に話していたというゆかりの作品だ。

出演は夫妻役に堀部圭亮、若村麻由美、旧友役に麻実れい。公演は6月6日(金)から15日(日)まで東京・日生劇場、6月19日(木)から22日(日)まで大阪・シアター・ドラマシティにて。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング