日立アプライアンス、LED電球「小形電球形(E17口金)広配光タイプ」

2012.1.11 12:20配信
小形電球形(E17口金)広配光タイプ

日立アプライアンスは、業界トップクラスの明るさ(全光束)と広がる光を両立し、断熱材施工器具や密閉形器具に対応したLED電球「小形電球形(E17口金)広配光タイプ(全般配光形)」2モデルを、1月16日に発売する。

価格はどちらもオープンで、実勢価格は「LED電球小形電球形(E17口金)広配光タイプ」昼光色相当(LDA7D-G-E17/S)、電球色相当(LDA7L-G-E17/S)がともに4000円前後、「LED電球ハロゲン電球形(E11口金)高光度タイプ」が5000円前後の見込み。

コンパクトな形状で、放熱性を高める「スリット構造ボディ」のLED電球。高効率LEDモジュールを採用することで、昼光色相当で小形電球50W相当の明るさ620ルーメン、電球色相当で小形電球40W相当の明るさ510ルーメンを実現した。さらに、直進性の強いLED電球の光を拡散するカバーを採用し、明るさと広がる光を両立している。

器具内の温度や周囲温度が高くなると自動的に電力を抑え、LED電球の温度上昇を抑制する保護回路を採用したことで、断熱材施工器具に対応した。同社の小形電球(ミニクリプトン電球)40W形と比較すると、消費電力は約5分の1。定格寿命は4万時間と20倍長持ちなので、交換の手間を軽減できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング