ニベア花王、ワキを舞台にしたスマートフォンゲーム「WAKI★WAKI ニオイ菌パニック」、制汗剤「8×4」から

2014.5.19 7:50配信
スマートフォン限定ブラウザゲーム「WAKI★WAKI ニオイ菌パニック」

ニベア花王は、5月19日、毛穴に隠れたニオイ菌まで殺菌して防臭する制汗剤「8×4」から着想を得たスマートフォン限定ブラウザゲーム「WAKI★WAKI ニオイ菌パニック」の提供を開始した。

愛しの彼が近づいてくる30秒間に、約5000個あるといわれているワキの毛穴に隠れるニオイ菌たちをタップで撃退し、彼とのハグを成功させるスマートフォン限定ブラウザゲーム。

時間内につぶしたニオイ菌の数に応じて、クリア後のハグの結果が5段階に変化する。ニオイ菌を撃退しないと、彼との距離が縮まらず「おあずけハグ」や「逃げ腰ハグ」「ワキとじハグ」になる。ニオイ菌を撃退すると「全力ハグ」「ジャンピングハグ」となり、彼との愛を確かめ合うことができる。

無数の毛穴からすばやくニオイ菌が飛び出すなど、ワキを舞台にした難易度の高い「ワキゲ―」で、ハグを成功させるために何度でもチャレンジできる。つぶした菌の数にあわせて、スコアを表示する。結果は、FacebookやTwitterでシェアできる。

登場するキャラクターは、いずれも特徴的な「クサかわ」なニオイ菌たちで、実際にワキのニオイのもとになっているコリネ菌や表皮ブドウ球菌などをデフォルメしてキャラクター化した。「コリネン」はコリネ菌、「ブドキュー」「ネバブド」「ドロブド」はブドウ球菌をイメージした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング