浅田真央来季休養も、引退か否かは「ハーフハーフ」

2014.5.19 18:00配信
会見より。浅田真央 会見より。浅田真央

5月19日、『THE ICE 真夏の氷上祭典2014』の記者会見が行われた。現役続行か引退か、その去就が注目を集めていた浅田真央が出席し、来季は休養に当てることを明らかにした。

THE ICE 2014 チケット情報

「今年は自分の身体も気持ちも少しお休みさせていただくことを決めました。バンクーバー五輪が終わった時から、『ソチ五輪までがんばる』という気持ちでやり切ってきました。一年間で今後どうすべきか考えていきたい」

2013年4月の『世界フィギュア国別対抗戦』では、「五輪という最高の大きな舞台で集大成にして、いい演技ができるようにがんばりたい」と語った。6位入賞となった『ソチ五輪』後には、現役続行か引退かの問いに「ハーフハーフ」と答えた。そんな中、浅田は休養という選択肢を選んだのだ。

「(ソチ五輪が終わり)自分ではやり切ったと思ったが、引退という決断に至っていない。(現役と引退の割合は)ハーフハーフです」

ただ、現時点で『2018年平昌五輪』に出場する姿はイメージできないとも言う。

「ないですね。一年間気持ちも身体も休めて、その後、スケートをやりたいと思うか、もういいと思うかはわからない」

公式戦に出場しない一年間ですべきことはある。中京大学へ復学もした。試合には出ないが、フィギュアスケートから離れるわけではない。アイスショーにも出場する。『THE ICE』では新しいエキシビションナンバーを披露する。

「(THE ICEは)今年初めて新しいナンバーを滑る場。昨季の『スマイル』、2012-13の『メリーポピンズ』、2011-12の『ジュピター』とは違うジャンルの曲で新しい自分をお見せできれば」

今年で8回目を迎える『THE ICE』は7月19日(土)から長野公演、愛知公演、大阪公演を各3回実施する。浅田だけではなく、『ソチ五輪』金メダリストのアデリナ・ソトニコワ、銀メダルのパトリック・チャンら世界のトップスケーター、小塚崇彦、無良崇人、村上佳菜子ら日本勢も参加。スケーター同士がコラボレーションしたり、グループナンバーを披露したりするなど、他のアイスショーとは一線を画すのが『THE ICE』である。

長野公演、愛知公演は5月30日(金)午後6時まで先着先行・プリセール受付中、大阪公演は5月20日(火)昼12時から29日(木)午後11時59分まで2次プリセールを受付。各公演の一般発売は5月31日(土)より。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング