ソニー、最大出力20Wのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X3」、パッシブラジエータ搭載

2014.5.21 12:42配信
SRS-X3

ソニーは、コンパクトサイズながら実用最大出力20Wの高出力デジタルアンプと前面・背面の対向配置型パッシブラジエータを搭載し、迫力あるサウンドを手軽に楽しめるワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X3」を、6月21日に発売する。カラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色。価格はオープンで、税別実勢価格は1万5000円前後の見込み。

Bluetooth 2.1に対応したワイヤレスポータブルスピーカー。NFC(近距離無線通信)のワンタッチリスニング機能にも対応し、NFC搭載スマートフォンをかざすだけで、音楽再生やハンズフリー通話をワイヤレスで楽しめる。

実用最大出力20W(10W+10W)の高出力デジタルアンプと、低音増強振動板ユニットのパッシブラジエータを前面と背面に計2基備えた対向配置型パッシブラジエータを搭載。さまざまな場所に持ち運んで、迫力あるサウンドや存在感のある低音域を楽しむことができる。

サウンドは、さまざまなデジタル信号処理技術をバランスよく組み合わせた「ClearAudio+」によって、低域から高域までクリアかつ臨場感のある音を、複雑な操作を行うことなく一回の操作で設定できる。音場を広げる「SOUND」ボタンで、一人のときだけでなく、複数人でもスピーカーを意識することなく音楽に没入できる。

きょう体は、あらゆるインテリア空間との調和と、高音質とを両立するフレームの美しさを追求した「Definitive Outline」デザイン。ラバーなどの素材をそれぞれの面に用いることで、フレームの美しさを際立たせ、あらゆる空間に溶け込む。

バッテリ駆動時間は約7時間。サイズは幅185×高さ67×奥行き66mmで、重さは約850g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング