【激辛】未知の領域!? 中華料理店「隆翔」の“辛さ120倍”タンタンメンに挑戦!

西横浜にある中華料理店「隆翔」のタンタンメンは、最高で120倍まで辛さを調節できるのだとか。120倍とは一体どれほどの辛さなのか!? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
西横浜にある中華料理店「隆翔」さんのタンタンメン。お店の人と他のお客さんの話が聞こえてきちゃったのですが、辛さが最高で120倍までできるそうです。気になって仕方ありません(MaSa2さんのキニナル)

 
「激辛」。この言葉、いささか手垢(感が否めぬ印象である。が、「なんと目新しく、的を射た語彙なのだ」と持てはやされた栄光時代には、流行語大賞で銀賞を受賞している(1986年新語部門/自由国民社)。

そんな事を思う5月某日。辛さ120倍にまでできるというタンタンメンの実態を皆様にお伝えすべく、横浜駅より相鉄線で2駅、西横浜駅より徒歩3分程の「隆翔(りゅうしょう)」さんを訪ねる。
  

未知の世界へ飛び込む前に気休めのチーズを食す
辛さ120倍とは一体どんなものだろう
 
店内にはメニューが所狭しと!

気のいいご主人に取材を快諾していただいたばかりか、厨房での撮影までご提案いただいた。

 

辛さ120倍のタンタンメンができるまで

軽快なトークも魅力のご主人

ご主人は2009(平成21)年から2010(平成22)年まで川崎モアーズの中にある「金家(きんけ)」で店長を務め、2011(平成23)年に独立し、現在の「隆翔」がオープンした。

「コンセプトは地域密着!」の言葉通り、家族連れなどの地元住民を中心とした常連に愛される同店。リピーターの中には2、3日に1度来るほどの客もいるという。

「辛さ120倍」の誕生に欠かせないのが、金家時代からのとある常連客の存在。この常連客というのが桁外れの辛党であった。

 
メニューには分かり易い表記

2倍、4倍、8倍・・・とんとん拍子に進み100倍を超えてなお辛さを求める件(くだん)の客とのせめぎ合いにより、ついに120倍は生まれた。

その誕生の経緯に照らすと、一概に120倍といってもご主人の匙加減により、そのパンチ力は多少の幅を持つ。

 
これらが辛さ120倍タンタンメンの髄となる

現在、最も注文される辛さは2倍の「中辛」だという。筆者は事前の取材にて2倍を食したが、非常に食べやすく、世間でいう「ピリ辛」の範囲内のように感じた。

人気記事ランキング