壮絶すぎる! 映画『マイウェイ…』の戦闘シーン映像が解禁に

2012.1.11 18:2配信
『マイウェイ 12,000キロの真実』ノモンハンで戦うオダギリジョー

実話を基に、日本・ソ連・ドイツの3つの軍服を着ることになった男の数奇な運命を描いた映画『マイウェイ 12,000キロの真実』。14日(土)の日本公開を前に、本作で展開される戦闘シーンの中で最も過激と言われている、満州(現中国)ノモンハン戦の本編映像が公開された。

『マイウェイ…』特別動画

韓国映画史上最高額となる製作費25億円を投じた本作。走ることが好きで、マラソン選手としてオリンピックに出場することを夢見た日本人と朝鮮人の青年たちが、戦争による過酷すぎる運命に直面する中で絆や友情を見出していくという物語だ。

本作では、ノモンハンにおける日本軍対ソ連軍戦、ソ連軍の捕虜となった主人公たちがドイツ軍に立ち向かう市街戦、さらにドイツ軍の一員として米軍率いる連合軍と相見えるノルマンディーの戦いと、主に3つの大きな戦闘シーンが繰り広げられる。この度公開されたのはこのうちの最初となるノモンハンの戦いの映像で、絶対的な愛国心を持つ冷酷な将校へと変貌した日本人・辰雄(オダギリジョー)が、奇襲をかけてきたソ連軍の戦車隊に無謀な突撃を強要するシーンだ。一方、もうひとりの主人公である朝鮮人青年ジュンシク(チャン・ドンゴン)も日本軍兵士としてこの戦いに参加し、上官である幼なじみの狂気を帯びた姿を目撃することになる。

このシーンで重要な役割を果たすのがソ連軍の戦車だが、本物の質感を求めるカン・ジェギュ監督(『シュリ』『ブラザーフッド』)は、戦争映画の傑作『プライベート・ライアン』を手がけたスタッフに依頼してソ連式戦車を制作。そんなこだわりの姿勢によって、このリアリティ溢れる壮絶な戦闘シーンが生み出された。撮影ではケガ人が続出したというがそれも納得の激しさ。約4分にわたる今回の動画で、いち早く確認してみてはいかがだろうか。

『マイウェイ 12,000キロの真実』

(C)2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET, ALL RIGHTS RESERVED

いま人気の動画

     

人気記事ランキング