<1クリック投票結果>増税前に買ったもの、1位はパソコン・タブレット端末

2014.5.22 12:1配信

当サイトのミニコーナー「1クリック投票」の投票結果をまとめました。テーマは、「増税前に買った/買いたいモノは?」。調査実施期間は2014年3月1日~4月30日の約2か月です。

最初にお断りを。「1クリック投票」は、誰でも回数制限なく投票できる簡易アンケートです。厳密なアンケート調査結果ではありませんので、ご承知おきください。

今年4月1日、消費税の税率が5%から8%に引き上げられました。消費税としては、1997年4月以来、17年ぶりの増税です。2004年から、商品の価格を表示する際、消費税込み価格(内税)の表示を義務つける「総額表示方式」が実施されていましたが、13年10月1日から17年3月31日までの期間に限って税別表示が認められ、現在、店舗によって価格の表示方式が異なっています。増税を機に価格が改定され、全体的に物価の上昇を実感している方は多いのではないでしょうか。

今回の投票は、増税前から受け付けていたので、「増税前に買った/買いたいモノ」として、回答してもらいました。1位は、Windows XPの製品サポート終了に伴い、まだXP搭載パソコンを使っている人に向けて買替えが呼びかけられた「パソコン・タブレット端末」でした。総投票数の約半数、54.0%を占め、実際に家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」でも、3月・4月は前年を超える販売台数を記録しました。ノートPC、デスクトップPCは、4月も前年実績を上回り、消費税増税とWindows XPサポート終了の「ダブル駆込み」の効果は、非常に大きかったようです。

2位は「特にない」で、少し離れて「生活家電・キッチン家電」「デジタル家電」「ティッシュなどの消耗品」「食料品・飲料」と続きました。予想外に「特にない」に対する投票が多く、3%程度の税率アップは家計に影響しないとみる人も少なからずいました。増税や品薄、限定といった煽りに踊らされず、欲しいときに欲しいものを買う――それがイマドキの「賢い買い方」かもしれません。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベース(パソコンの場合)で、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング