【新作浴衣】花火、お祭り、女子会…シーン別に選ぶ! おすすめ「ゆかた」&着崩れ対処法

間もなく夏本番! せっかくお出かけするなら今年は「浴衣」で装ってみては? 洋服とは異なる着こなしの楽しさを実感するとともに、日本文化に親しむよい機会になるはず。そこで今回は、お出かけシーン別におすすめの新作浴衣をまとめました!

女性浴衣(鉄線縞)38000円、帯(猫と鉄線)28000円、下駄(ストライプ)13800円、楊柳かごバッグ7800円 
男性浴衣(おもだか)35000円、角帯(ヘリンボーン)12000円、麻鼻緒下駄12800円、麻合切袋8800円(以上すべて撫松庵)  撮影/伊原正浩

間もなく夏本番! せっかくお出かけするなら今年は「浴衣」で装ってみては? 洋服とは異なる着こなしの楽しさを実感するとともに、日本文化に親しむよい機会になるはず。

そこで今回は、お出かけシーン別におすすめの新作浴衣をまとめました! 

 

お祭りやイベントは…「ポップ&キュート」な浴衣で!

たくさんの人が集まるお祭りやイベントに行く時は、その熱気に負けない目立つ色柄で華やかに。自然と気分も高揚してくるはず。
 

 

●ビビッドな色遣いで人の目を引く仕上がり

シャリ感のある浴衣地にたくさんの椿の花が配された、艶やかな一枚。兵児帯を合わせると、より華やかな印象に。浴衣は青色地のほか、シックな雰囲気の生成もあり。

⇒京友禅手捺染仕立て浴衣 優華壇(椿)33000円
兵児帯5000円/すべて井登美

 
 

●スモーキーな色味の花柄×縞柄コンビ

ピンク色の百合の花にライトグレイの縞柄が入ることで、甘い印象を引き締めている。風合いのある綿絽生地で、さらりとした着心地も魅力。帯リボンでアクセントを。

⇒浴衣(縞に百合)29000円
帯リボン(麻の葉)7800円
楊柳かごバッグ7800円/すべて撫松庵(新装大橋)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング