パナソニックの日本縦断ドライブムービー「ONE SKY, ONE ROAD」 世界47か国から訪問 海外でも話題に

2014.5.23 18:00配信

パナソニックが制作し、5月31日までの期間限定で公開しているウェブサイト「ONE SKY,ONE ROAD」で、鹿児島県佐多岬から北海道宗谷岬まで、日本を縦断した映像を一本につないだ日本縦断ドライブムービーが、北米や欧州、アジアなど、世界47か国で閲覧され、海外でも話題になっている。

日本縦断ドライブムービーは、鹿児島県佐多岬から宮崎県の日南フェニックスロード、瀬戸大橋(岡山県)、富士見大通り(静岡県)、渋谷文化村通り(東京都)、日光いろは坂(栃木県)などを経て、北海道宗谷岬までの4500km(撮影ルートから算出した概算値)の道程を収める。日本各地の原風景を見ながら80時間で日本縦断できるフルタイムムービーと、わずか2分30秒で日本縦断できるダイジェストムービー、映像と地図を同時再生したマップ連動再生ムービー、8日間の走行中に起きたハプニングなどを集めたドキュメント映像のメーキングムービーの4種類があり、いずれもドライブカメラ機能を搭載したポータブルカーナビゲーション「ゴリラ・アイ CN-GP737VD」で撮影した。

メインの連続80時間のフルタイムムービーは、日本横断の旅の過酷さと楽しさが同時に伝わり、プロジェクトの本気度がわかる長編。「#01」から「#59」まで分かれているので、一気に見ることも少しずつ見ることもできる。

4月14日のサイト公開後、約1か月間で、世界47か国のユーザーに閲覧された。北米や欧州、アジアだけではなく、中東のアラブ首長国連邦、アフリカのモザンビークや中南米のトリニダード・トバゴなどの国からもアクセスがあり、世界中の人々が日本の道や風景に興味をもっていることがわかった。

パナソニックは、世界で閲覧されている理由として、海外向けにプレスリリースを配信した結果、約300以上の海外メディアで取り上げられ、TwitterやYouTubeなどを通じて情報が拡散されたことを挙げる。国・地域ごとの平均閲覧時間を集計すると、閲覧人数1位の日本(5分39秒)より、6位の韓国(16分37秒)のほうが大幅に長く、香港やフランスは、日本とほぼ同じだった。

■国・地域別 閲覧人数トップ10(2014年5月13日時点)

1位 日本

2位 中国

3位 台湾

4位 アメリカ

5位 香港

6位 韓国

7位 イギリス

8位 タイ

9位 ドイツ

10位 フランス

■海外の平均閲覧時間トップ5(2014年5月13日時点)

1位 韓国(16分37秒)

2位 香港(5分32秒)

3位 フランス(5分28秒)

4位 台湾(3分28秒)

5位 アラブ首長国連邦(3分6秒)

「ONE SKY, ONE ROAD」は、海外だけではなく、日本でもさまざまなメディアで紹介され、ブログやTwitterでは、「これ見たらドライブ行きたくなる~♪ステキ!」「車載動画好きな人は必見!」「今後のドライブの参考になる」などの反響があった。実際の映像を記録したロードムービーは、ドライブに行きたい気持ちを喚起するようだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング