三菱電機、IHジャー炊飯器「蒸気レスIH本炭釜 NJ-XW105J」、釜底が業界最厚の本炭釜と炊分け機能を搭載

2014.5.26 18:44配信
「蒸気レスIH本炭釜 NJ-XW105J」と、「本炭釜 NJ-VW105」。カラーはそれぞれ2色

三菱電機は、IHジャー炊飯器「蒸気レスIH本炭釜」の新製品として、業界最厚の釜底をもつ本炭釜と、豊富な炊分け機能を搭載した「NJ-XW105J」を、6月21日に発売する。同時に、金属釜に炭コートを施した「蒸気レスIH炭炊釜」や、コンパクトタイプの「本炭釜」「炭炊釜」シリーズを発売する。

「NJ-XW105J」は、炭素材ならではの釜厚全体発熱を最大限に生かすために、釜底中央部の厚みを従来機種「NJ-XW104J」の約1.3倍となる10mmにして、内釜の発熱体積を約20%向上した。また、釜底中央部への勾配を5°から10°にすることで、沸騰時の釜底中央部の気泡発生を強化し、ふっくらとしながらも一粒一粒に張りがあり、口の中で自然にほぐれる食感を実現する。

さらに、炊飯初期(予熱)段階で高温を保つ新制御で玄米の吸水量を約2.2倍に増やし、弾力があり、渋みを抑えた食感で炊く「玄米芳潤炊き」機能を搭載する。このほか、銘柄を指定するだけで、品種ごとの特性を生かして自動で炊き分ける「銘柄芳潤炊き」機能を備える。20品種に対応し、好みに合わせて9通りの食感にするカスタマイズ機能も搭載する。

最大炊飯容量は5.5合(1.0L)。カラーは、クリスタルホワイト、ルビーレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

「NJ-VW105」「NJ-XS105J」「NJ-VX105」「NJ-VX185」は、「七重全面加熱」で内釜全体を包み炊く。「NJ-XW105J」同様、「玄米芳潤炊き」機能を備え、好きな場所に自由における自立式しゃもじを搭載する。

さらに「NJ-XS105J」「NJ-VX105」「NJ-VX185」は、外表面ダブル炭コートの炭炊釜によって、加熱の効率を高める。

「NJ-VW105」は、厚さ10mmの本炭釜を採用したコンパクトタイプ。最大炊飯容量は5.5合(1.0L)。カラーは、ピュアホワイト、ルビーレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

「NJ-XS105J」は、最大炊飯容量が5.5合(1.0L)。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

「NJ-VX105」は、最大炊飯容量が5.5合(1.0L)。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

「NJ-VX185」は、最大炊飯容量が10合(1.8L)。カラーは、ルビーレッド、ピュアホワイトの2色。価格はオープンで、実勢価格は6万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング