タニタ、日本初の輻射熱が計測できる家庭向けの熱中症指数計「TT-560」

2014.5.27 11:31配信
TT-560

タニタは、直射日光下の屋外での計測ができる携帯型の黒球式熱中症指数計「熱中アラーム TT-560」を6月1日に発売する。税別価格は5000円。

気温や湿度だけではなく、日射や地面からの照り返しによる熱(輻射熱)を計測できる黒球温度計を搭載した熱中症指数計。WBGT(暑熱指数)で熱中症発症の危険度がひと目でわかる。

屋外でも使用できる家庭向けの熱中症指数計はすでに市販されているが、これらは輻射熱を計測する黒球温度計がなく、直射日光の炎天下で正確なWBGTが求められないという課題があった。

タニタは、業界に先駆けて業務用黒球温度計の小型化に成功。家庭用として、日本で初めて直射日光下の屋外での計測に対応した携帯型の黒球式熱中症指数計を商品化した。熱中症の発症リスクの高い高齢者や乳幼児、炎天下で作業やスポーツをする人をメインターゲットとする。

屋外と屋内ではWBGTを求める計算式が異なることから、計測場所が屋外か屋内かを自動判別し、それぞれのWBGTを求める機能を搭載。計測・表示項目は、気温(℃)、湿度(%)、WBGT(℃)の三つで、熱中症予防指針を「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の4段階12レベルで表示し、10分ごとに4種類の警告アラーム音で注意レベルを知らせる。サイズは縦108mm×横58mm×奥行き36mmで、重さは約65g。携帯に便利な吊り下げ用のアタッチメントとカラビナが付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング