これで安心! “ワキ汗のニオイ”を撲滅する5つの予防&対策法

6月と言えば梅雨、それを切り抜けると本格的な夏が到来します。暑い夏を過ごす上で気になるのはやはり「汗」。特にワキ汗は男性・女性とも気になる話題ではないでしょうか。そこで今回は、ワキ汗のニオイの予防と対策法についてまとめました。

もうまもなく6月ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。6月と言えば梅雨、それを切り抜けると本格的な夏が到来します。毎年のように「今年は例年になく暑い」などと言われますが、今年も感覚的に昨年を越える猛暑となることは予測の範囲内でしょう。そんな猛暑を過ごす上で気になるのはやはり「汗」。

特にワキ汗は男性・女性とも気になる話題ではないでしょうか。本記事ではワキ汗のニオイを撲滅する予防と対策を書き記しましたので、気になる方は是非ご参考ください。

 

汗とニオイについて

まず前提として汗について再確認していきます。

人間は誰しも汗をかく生き物です。汗は体温を調整する作用があるため、生きている以上汗から逃れることはできません。ただ汗には2つの種類があることをご存知ですか。

厳密に言えば汗が吹き出す”出口”が2種類あるのです。この種類とニオイは密接に関わっています。

一つ目が「エクリン汗腺」から出る汗
ここから排出される汗は運動などをして高まった体温を調節してくれる汗です。成分が水と塩分のみなのでニオイも少なく、サラッとしているのが特徴。
運動した後に「キモチイイ汗」をかいたなんて言いますが、これはエクリン汗腺から出た汗を指すのですね。

問題は2つ目の「アポクリン汗腺」から出る汗
ここから排出される汗は心理的なストレスにより生成されます。脂肪・尿素・アンモニアなどの成分が含まれており、見るからにニオイがしそうな汗なのです。雑菌が分解されたベタベタした汗はこのアポクリン汗腺から出たものだと認識してください。

男性の多くはYシャツを身につけ、更にスーツを着て日々お仕事を頑張っていらっしゃいます。しかしこの状態では排出された汗の逃げ場がなく、ニオイが充満してしまう。
つまりワキ汗のあのニオイは「アポクリン汗腺」から滲みでた汗とそれを逃しにくい環境が原因なのです。

前述の通り、人間は汗をかく生き物です。これを止めることはどうしたってできるものではありません。ならば”出る汗の対処を行う”あるいは”なるべく匂わないものにする”のが建設的ですよね。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング