センチュリー、RAID機能つきのSATA6G対応HDDケース「裸族のテラスハウスRAID SATA6G」、最大10TBのHDDに対応

2014.5.27 18:17配信
裸族のテラスハウスRAID SATA6G

センチュリーは、SATA6GbpsのHDDに対応し、最大で5TBのHDD2台を搭載できるHDDケース「裸族のテラスハウスRAID SATA6G(CRTS35EU3RS6G)」を、5月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万800円前後の見込み。

3.5インチSATA HDD2台を搭載できるスタイリッシュなHDDケース。5TB+5TBで、最大10TBのHDDを搭載でき、HDD1台あたり10秒ほどで組み込むことができる。

RAID機能にも対応し、用途に合わせてミラーリング(RAID1)、ストライピング(RAID0)の2種類のRAIDと、2台のHDDを大容量のHDD1台として認識するコンバインモード、2台のHDDを個別に認識するスタンダードモードの計4種類のモードを選択できる。

PCとの接続は、USB3.0(UASP対応)とeSATAに対応。また、SATA6GbpsのHDDにも対応しているので、さらに高速でデータを転送できる。

PCの電源オン/オフに連動して、HDDや冷却ファンの回転/停止を制御する電源連動機能を備える。本体は縦/横置きのどちらにも対応する。対応OSは、Windows 8/7/Vista、Mac OS X 10.9.1/10.8.5/10.7.5/10.6.8。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング